> >

気になるニキビ跡。若いころ気を付ければよかったこと



私は30代女性です。
いまはほとんどニキビ(吹き出物)は出ないのですが、気になるのがニキビ跡です。
気になるニキビ跡。若いころ気を付ければよかったこと

どちらかというとオイリー肌の私は中学生頃からニキビができ始めました。
Tゾーンといわれるおでこと鼻あたりにはいつもニキビがあったように思います。


毛穴の角栓を自分で取っていた

その頃は「毛穴の角栓を自分でとる」というのが流行っていました。

ビオレから角栓をとるパックが発売されて爆発的なヒットになりましたし、パック以外にもスティックのようなものがありました。

先が耳かきのようにスプーンのようになっていてその真ん中に穴が開いているのです。
その穴を毛穴にあてて、圧をかけると毛穴の中から角栓がにゅるっと出るという物です。
にゅるりと角栓が出てくるのが楽しかったり、パックにたくさんの角栓がくっついているのが爽快でくせになっていました。


白ニキビはつぶしていました

赤いニキビは目立つのですが炎症していて痛みも少しあるので指で触る程度だったです(もちろんこれもばい菌がついてしまうのでニキビ悪化の原因です・・・)

白ニキビは見た目も不潔っぽくて、早くなくなってほしいという思いで自分の指を使って押し出したりしていました。

青春まっただ中の頃なので顔に何かできているということは本当に嫌で嫌でたまりませんでした。


角栓を無理にとるのはよくない

しかし、美容業界で「角栓を無理にとるのはよくない」ということがわかり、それが一般的となっています。

角質を無理にとり続けると、毛穴がどんどんひろがってしまうという恐ろしい噂もありました。その頃までに鼻の横にはよくニキビができていたので、何年間もつぶし続けていました。

収れん化粧水でいくらひきしめても、赤みがとれるはずもありません。
化粧品でなんとかならないかと高い化粧品を買ったり、エステにも行きましたがまったく消える気配はありません。

今思うとあの頃の「毛穴の角栓を自分でとる」ブームの後押しがなくても自分で押し出していただろうと思いますが、もし中学生時代に戻れるのなら私は絶対にやめようと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: ニキビ跡

Comments are closed.