> >

どんどん悪化していくニキビから私を救ってくれたのは



私は、高校生になった頃、一気にニキビができてしまうようになりました。
beautiful asian woman taking care of her eye
最初は、おでこからでした。元々、前髪をおろしていたので、目立ちはしませんでしたが、毛先がニキビに触れていたようで、ますます悪化してしまいました。

そのうち、頬やあご周りにもニキビができるようになり、それも髪の毛で隠すようになっていました。そこで、ニキビケア用の基礎化粧品を使うようになりました。しかし、一向に改善の兆しがありませんでした。


美顔器を使ってみた

私が、ニキビに対するコンプレックスを持つようになってしまったので、母が心配しました。母が愛用していた美顔器があり、それを使えば少しは良くなるかもしれないと言ってくれたのです。

専用のジェルもすごく高価な物だったので申し訳ない気持ちもありましたが、ダメ元で使ってみることにしました。肌に合わないということはなかったのですが、劇的に何かが変わったということはありませんでした。

何となく、赤みが薄くなったようにも感じましたが、コンプレックスがなくなるまでには達しませんでした。

皮膚科に行ってみた

そして、皮膚科に連れて行ってもらいました。自分のニキビを、人に晒すのも嫌でしたが、このままではどんどん悪化するかもしれないという母の心配もあり、渋々行ってみることになりました。

診察の際、膿がたまった部分は、すぐに抜いてもらえました。また、抗生物質や塗り薬も処方してもらうことができました。

先生は、女性の方で、ニキビができると嫌よね、と言ってくださり、私は救われたような気持ちになりました。

皮膚科の抗生物質は、私の肌に合っていたようで、みるみるうちにニキビが改善されていきました。それと同時に、脂っこい食べ物や、チョコレートなどのお菓子も断つことにしました。

ただ、ストレスを感じない程度に抑えました。

その甲斐あってか、ニキビ跡になることもなく、美肌と言われるまでに改善されました。ニキビは深刻な皮膚病と捉え、きちんとした専門医に診てもらうことが一番だと実感しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: ニキビ体験談

Comments are closed.