> >

食べ物の効果で長年悩んでいたニキビが!



小学校高学年まではかなり美肌の人間でした。
食べ物の効果で長年悩んでいたニキビが

中学生からニキビができはじめました

思春期になってからおでこにニキビができ、こめかみや頬、いろんな所に増えました。

中学生と言えば皆外見を気にしだす年であり、特に恋をしていたわけでもありませんが、とにかく荒れた肌で人と話すのが辛い日々でした。

不快に思われている気がして。皆何故だと思うほどに肌がきれいな子ばかりだったのです。その年じゃ化粧は勿論できませんし、髪の毛で隠すぐらいのことをひたすらやっていました。そうすることで悪化したのは言うまでもありません。


高校生になっても

高校生になり、相変わらずニキビは収まってくれません。

むしろ、中学の時より大変なことが増えて、情緒も不安定になり、目指す美肌には近付けず。ニキビ用の洗顔料を使い、ティーツリーの化粧水を頑張って塗り、良いと言われるものは色々試しました。

オロナインを塗ったこともありました。チョコラBBを飲んだり、それでも目に見えて効果が表れませんでした。

割と仲良くなりたいなぁと思う人がいたので、もっと肌がきれいだったら、顔を前面に出せたら、自信を持って接することができたのにと今でも思います。

どんなに頑張っても、明るく振る舞っていても、肌が荒れていることで、どうしても不安になりました。

見た目で判断するなんて幼稚な考えですが、女の子にとっては人に良く思われたいという気持ちはごく自然なもの。

別件で皮膚科に

一度別件で皮膚科に通ったこともありました。先生が私の顔を見て、ニキビもきれいになるよと言ってくれました。

ビタミン剤等の飲み薬を貰い、皮膚科に売っているニキビ用の石鹸や化粧水を試しました。それらを初めて数か月、確かにニキビ跡の赤みが若干マシになり、肌が白く明るい感じに思えました。

ずっと悩んでいたので、それはそれは嬉しかったのですが、皮膚科に通わなくなり、薬がなくなると結局元通りになってしまいました。一時的では意味がない。やっぱり根本的には治せない。

大学生ではニキビ跡が悩み

大学生になり、新たなニキビというよりは、今までにできたニキビ跡に苦しみました。こめかみや頬のニキビ跡がひどく、何だかボコボコ。

オシャレもしたいけど、きれいになりたいけど。そう思って私はいつも隠すことばかり考えました。

コンシーラーやファンデーションで、必死に跡を隠していました。化粧品が肌に負担をかけるのは当然のこと、余計に肌が荒れました。

どうして私だけ、って顔は笑っていても、いつも心は痛みました。

社会人になってココアとハチミツを摂りはじめたら

社会人になってつい最近、風邪予防にいいと知ってココアを飲み始めました。美味しい。体を温め、免疫力を高めるらしく、健康オタクの私には願ったりかなったり。

調べているうちに、ハチミツもいいらしいと聞きつけ、ほとんど同じ時期に摂りはじめました。しばらくして、3か月ぐらい後でしょうか。

鏡を見て気付いたんです。肌荒れが気にならない。どれだけやってもだめだった赤みが引いている。

これはまさに驚きでした。

自然に、食べ物の効果で体が健康に、きれいになるとは本当に嬉しく、理想的な展開でした。

インフルエンザにもかからなくなった

お陰でインフルエンザなどにもかからずに、元気に過ごせております。

顔は見える部分、印象を左右するため、いつも美しくいたいですよね。日々の積み重ねが肌に現れてくるわけで、すぐに戻そうとしてもなかなか言うことを聞いてくれない。

だから、長い目で見て、ゆっくりと着実に、出来るだけ自然な方法で美肌を目指しましょう。

私もまだきれいな肌とは言えません。でも、試行錯誤を繰り返しながら、きれいになった自分を想像したら、ちょっとワクワクしませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.