> >

野菜中心にしたらニキビが改善。便秘も解消



私は中学生の頃からニキビができはじめました。
口の周りやオデコがひどくて、赤くなったり、膿んで白くなった大きいニキビがたくさんできていました。
野菜中心にしたらニキビが改善。便秘も解消
その頃は皮脂の分泌も活発なのか、肌はずっとテカテカしていてちょうど思春期でもある時期なので恥ずかして仕方がありませんでした。

どうにかならないかと市販で売られているニキビの薬を塗ったりもしていましたが、ニキビが膿んでしまうたびにプチっと潰してしまっていました。

そのせいで今でもニキビの跡がおでこにボコボコと残ってしまっています。

高校の頃はおでこはそれほどでもなかったのですが、口の周りに相変わらずできていました。

化粧水を皮脂を抑えるものにしたり、お化粧でごまかしていましたが、何をやってもニキビがなくなることはありませんでした。

顔の周りが赤いニキビだらけで、写真を撮ってもそのニキビに目がいってしまって、写真を撮るのも嫌になってしまうほど気になってしまっていました。

20代も後半に差し掛かってくると、時に何をするわけでもなく自然とニキビがブツブツできるのはなくなったように思っていたのですが、よく考えてみると学生時代とは違っていたことがありました。

野菜を中心とした食生活

それは、食生活です。お肉が大好きでとにかくよく食べていた時期に比べると、野菜を中心とした食生活になりました。

それと間食の時、学生時代に食べていたチョコレートやスナック菓子というものをそこまで食べなくなっていました。

便秘をしなくなった

そのおかげか、便秘をしなくなったのです。便秘をしないと腸も綺麗な状態なので、肌荒れの原因がずいぶん抑えられたのではないかと思っています。

生理前とか、ホルモンバランスが崩れている時期

今でも生理前とか、ホルモンバランスが崩れている時期にポツっとニキビが口の周りにできたりするのですが、そういう時は、ああバランスが崩れているんだなという目安になるので、野菜を中心に、さらにビタミンを多くとるように心がけています。

内側から変えていけば、ニキビにそれほど悩まないようになると思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: ニキビ体験談

Comments are closed.