> >

ニキビ肌を治すためのファンデーション選び



ニキビをかくすために、カバー力の強いリキッドファンデーションやクリームファンデーションを使っていませんか?
実はこれは、ニキビになりやすい肌を作ってしまいます。ニキビ肌には、パウダーファンデーションが最適なのですよ!その理由をまとめました。
ニキビ肌を治すためのファンデーション選び

ニキビ肌にパウダーファンデーションをすすめる理由

油分が少ない

パウダーファンデーションは、リキッドファンデーションやクリームファンデーションに比べると、油分少なめです。油分たっぷりのファンデーションを使うと、皮脂が毛穴に詰まりやすくなるので、避けましょう。

界面活性剤や防腐剤が少ない

パウダーファンデーションは、リキッドタイプやクリームタイプに比べると、界面活性剤や防腐剤の配合量が少ないです。
界面活性剤や防腐剤がニキビを刺激し、悪化させることがあるので、パウダーファンデーションを使いましょう。

皮脂を抑えるタイプのファンデーションを選ぶとベスト

パウダーファンデーションには、皮脂を抑えるタイプのファンデーションがあります。
皮脂を吸い取ってくれるので、皮脂による肌のベタつきを防ぎ、ニキビの悪化を防ぎます。
メイク崩れしにくくなるのも、おすすめする理由のひとつですよ。


ニキビ肌のファンデーションの使い方の注意事項

化粧下地と日焼け止めを重ねない

化粧下地と日焼け止めにも、油分がたっぷり含まれています。重ねて塗ると、油分をつけすぎてしまい、ニキビのできやすい環境になってしまいます。
できればどちらも使わないほうがベストなのですが…紫外線を防ぎたいので、UV効果のある下地か、日焼け止めのどちらかを使いましょう。

選ぶときは、オイルフリータイプを選ぶのがベストです。

薄いメイクを心がける

パウダーファンデーションやオイルフリータイプのアイテムでも、ニキビにまったく刺激がないのではありません。
刺激を抑えるために、なるべく薄いメイクをこころがけましょう。

メイクアイテムを少なくすればするほど、肌への負担が少なくすみます。
本当は基礎化粧品のあとに、フェイスパウダーのみがベストです。

紫外線対策をやるなら、日焼け止めを使いましょう。いずれにしても、できるだけカバーしないのがニキビには一番です。


コンシーラーも避ける

コンシーラーは油分たっぷりです。
ニキビを悪化させてしまうので、使わないようにしましょう。


おわりに

ニキビ肌にはパウダーファンデーションがベストです。
毛穴の皮脂つまりになれば、ニキビができてしまうので、まずは原因を作らないメイクしましょう。
あとはパフも清潔に保つのも、ニキビをつくらないためには大切ですよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.