> >

ひどい思春期ニキビの跡を改善する方法



思春期ニキビがひどいと、跡が残ることがあります。
ニキビ跡の種類によっては、セルフケアで消せる場合があります。
ニキビ跡はなるべく残したくないので、適切にケアしたいですよね。
ここではひどい思春期ニキビのあとを改善する方法をまとめました。
ひどい思春期ニキビの跡を改善する方法

ニキビの赤みを改善する方法

炎症した赤ニキビの跡は、肌のターンオーバーの力で消せることがほとんどです。この段階でケアすれば、後をひくことはほとんどありません。

保湿する

肌の保湿をしっかりやりましょう。
古い角質と一緒に、ニキビの赤みも落ちやすくなります。

特にビタミンC誘導体は抗酸化作用があるので、ニキビの赤みを消すのに効果的です。
ビタミンC誘導体配合の化粧品やイオン導入器を使って、ケアすれば改善できますよ。


睡眠をとる

あとは睡眠をしっかりとりましょう。
睡眠はターンオーバーを促進することができ、ニキビ跡を改善できます。


ニキビの色素沈着を改善する方法

炎症したニキビの赤みが色素沈着となって、シミのように残ってしまいます。
これもターンオーバーの力で消せることが多いです。


睡眠をとる

睡眠は、色素沈着に効果的です。
ターンオーバーを促進するので、ぐっすり眠るようにしましょう。


保湿する

肌の保湿をやりましょう。
シミに効果的なビタミンC誘導体配合の化粧品や、イオン導入器で肌の保湿をやりましょう。


古い角質を除去するパック

古い角質を除去するパックを使えば、効果的です。
いつの間にか、色素沈着が消えてなくなっています。
ただ古い角質だけを選んで除去するタイプのものを選びましょう。

ケミカルピーリングは、古い角質を除去でき、色素沈着に即効性があります。
でも酸を使って肌を溶かすので、古い角質だけでなく、新しく生まれ変わった角質にまで影響を与えてしまいます。

使うと肌バリア機能を奪ってしまい、乾燥肌になったり、外的刺激の影響を受けやすくなってしまうので、やらないほうが安全です。

クリニックで処方されるハイドロキノンも色素沈着を漂白できますが、同じく酸を使って色素沈着を薄くします。
ピーリングと同じように危険を伴います。

なるべくなら、ターンオーバーを高めるケアや睡眠をしっかりとり、自然とはがれ落ちるのを待ちましょう。
クリニックでの治療は、最終手段としておくべきです。

ニキビのデコボコを改善する方法

黄ニキビの跡は、デコボコになることがほとんどです。
同じところに何度も膿ができて、真皮層まで達する穴になってしまいます。
これを完全に修復することは、残念ながらできません。

でもクリニックのケミカルピーリングやレーザー治療で、大幅に改善させることができます。
ただ肌バリア機能のない肌になるという大きなデメリットもあるので、医師とよく相談したうえで決めましょう。


おわりに

ニキビ跡を放置すると、跡が残ってしまいます。
思春期ニキビは時期が過ぎれば自然とおさまりますが、ひどい跡になると一生残ってしまうことがあります。
そのためには段階に応じたケアをしっかりやるのが大切ですよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.