> >

ニキビを治すためのスキンケア5つのポイント



繰り返すニキビをつくらないためには、まず基本的なスキンケアが大切です。
どんなにいい治療も、基本的なケアができなければ、ニキビを繰り返してしまうので徹底しましょう。まずやってほしいケアをまとめました。
ニキビを治すためのスキンケア5つのポイント

ひどくなったニキビはムリにつぶさない

白ニキビや黒ニキビは、コドプレッシャーを使えば、早く治ります。でも赤ニキビや黄ニキビをムリにつぶすと、雑菌が侵入してひどくなったり、肌の組織を破壊して跡が残ってしまいます。ひどくなったニキビはつぶさずに、皮膚科を受診しましょう。

皮膚科を受診せずに、正しいスキンケア徹底させることで治る人もいます。以下のようなスキンケアを徹底しましょう。

1日2回の洗顔をやる

過剰な洗顔は、ニキビを悪化させてしまいます。1日に何度も洗うと、肌の乾燥を招き、皮脂の過剰分泌がおこります。ニキビは皮脂を取り去るケアが大切ですが、過剰すぎると逆効果になります。

洗顔は1日2回で十分です。洗顔をやるときは、ぬるま湯以下の温度のお湯を使ってやりましょう。洗顔料やクレンジングが肌に残るのも、ニキビの原因になります。すすぎもたっぷりやりましょう。50回洗顔をやれば、確実に落とせますよ。


すすぎをしっかりやる

洗顔料のすすぎはもちろんですが、シャンプーやコンディショナーのすすぎもしっかり行いましょう。シャンプーなどが残ると、成分が顔に流れてしまい、ニキビの原因になります。シャワーでのすすぎを十分にやりましょう。


保湿をしっかり

保湿をしっかりやりましょう。ニキビができる原因のひとつが、肌の乾燥です。肌が乾燥すると皮脂の過剰分泌を招き、ニキビの原因を作ってしまいます。

化粧水での保湿はもちろん、過剰すぎる洗顔を避ける、肌の水分の蒸発を防ぐために、乳液でフタをするのも大切ですよ。化粧水をたっぷりつけて、保湿しましょう。


清潔なメイクアイテムを使う

メイクパフやブラシは常に清潔に保ちましょう。パフにはたっぷりの皮脂がついています。皮脂はアクネ菌の大好物なので、大繁殖します。それを使ってメイクすればニキビを悪化させるのは言うまでもありません。

特にニキビの人はメイクパフを、マメに洗いましょう。もし洗うのがめんどくさければ使い捨てのパフを使ったり、小さく切って使い捨てれば、毎回キレイなパフでメイクすることができます。


おわりに

ニキビを治すための5つのポイントをまとめました。もし皮膚科を受診しても、基本的なケアができていなければ、ニキビを繰り返してしまいます。何度も繰り返さないためにも、しっかりケアするのが大切ですよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.