> >

ニキビと女性ホルモンの関係、男性ホルモンも原因?



ニキビと女性ホルモンの関係、男性ホルモンも原因?

ニキビと女性ホルモンの関係

女性ホルモンが女性の肌に大きく関係していることをご存じですか?
肌との関係だけでなく、美容と健康のためにはホルモンのことを知っておくと、体の変化の理由はわかりやすくなりますよ。

女性ホルモンには2種類あって、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)があります。
そのうちプロゲステロンという女性ホルモンが、女性の生理と関係していて、生理の前に分泌が高まります。

妊娠とも深く関係しているので、女性にとって大切なホルモンなのですが、困ったことに、プロゲステロンは皮脂分泌を活発にします。
なので、生理前になるとニキビができやすくなるのはプロゲステロンのせいなのです。

一概に大人ニキビとはいえ、生理に関係するニキビなので、時期の予想がつけやすく、その分対応も確実にできますよね。
排卵が起こって2週間後に生理がきますが、その間の肌荒れやニキビの場合はプロゲステロンのせいだと考えましょう。

このような場合は、体の中からのケアがしにくいので、ニキビができた場合、悪化させないように、優しい処方の洗顔料で洗い、清潔を心がけましょう。

また、乾燥を伴う大人ニキビのため、保湿力の高いスキンケアをしながら、ニキビの部分のみ、抗炎症作用のある医薬品のクリームなどを使って炎症を抑えましょう。
毎月のことなので、ケアが大変かと思われますが、自分のニキビケアパターンを掴んでおくと心強いですね。

皮膚科医に定期的に診断してもらうのも良いと思います。

男性ホルモンと大人ニキビの関係

女性ホルモンだけでなく、男性ホルモンによっても皮脂分泌が活発になることがわかっています。
女性の場合、男性ホルモンは関係ないかと思われがちですが、女性にも男性ホルモンが存在します。

特にストレスを感じると、神経が興奮状態になり、男性ホルモンの分泌が活発になります。
そのため、女性でもストレスの多い生活をしていると、大人ニキビができるという関係がわかっています。

20才以降の大人ニキビの原因はストレスや神経の緊張による男性ホルモンの分泌です。
なので、大人ニキビを改善したいのであれば、ストレスのない穏やかな生活を送るよう心がけましょう。

女性は、女性ホルモンによっても、男性ホルモンによってもニキビができやすいことがわかりましたか?
原因は違っても、ニキビケアは同じですので、炎症を防ぎ、ニキビ痕が残らないように、早めの正しいケアをしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.