> >

ニキビ予防の為の洗顔方法、保湿&皮脂コントロール方法



ニキビはできないように予防することが一番大切です。
ニキビ予防のスキンケアは、洗顔、保湿、皮脂の抑制に気をつけましょう。
ニキビ予防のスキンケア

ニキビ予防の洗顔

洗顔は顔の汚れを落とすことが目的ですが、「肌に負担をかけずに、汚れだけをきちんと落とす」ということを理解している人は少ないと思います。

洗顔は、「メーク」と「ほこりや汗、古い角質などの肌の汚れ」の2種類を落とすことが目的です。

まず、メーク汚れが残っていては、ニキビに悪影響を及ぼすので、しっかりクレンジングでおとしましょう。
油分を含んだ「メーク」にはクレンジング剤が必要です。

クレンジングとは基本的に油分を含み、油分はメークとなじみが良いためクレンジング剤には欠かせません。
しかし、肌に油分が残るとニキビには悪影響です。

ですので、ニキビが気になる人は、クレンジングの際、肌に油分が残らないように注意しましょう。

できるだけ、すっきりとした洗い上がりで肌に油分が残らないものを選びましょう。

クレンジングの後はW洗顔しましょう。

その際、洗顔料はうるおいをしっかり残す洗顔料であることがポイントです。
洗い方のコツですが、そもそも洗顔料は泡の表面に汚れを吸着する成分があります。

ですので、しっかりと泡をたてて、泡で顔を撫でるように洗いましょう。
ゴシゴシこすったり、ニキビの部分をこすらないことはもちろん、タオルでもこすらずに押さえるようにやさしく拭き取ってください。

お湯の温度は、ぬるめの32℃が理想です。
熱すぎると皮膚のうるおいを奪って乾燥させてしまいますので注意してください。

ニキビ予防の保湿

ニキビ予防に保湿はとても重要です。
角質を潤わせることで、毛穴をつまりにくくして、新陳代謝をスムーズにします。

化粧液はしっとりタイプやさっぱりタイプなどの感触はお好みでかまいませんが、セラミドやヒアルロン酸など保湿成分がたっぷりと含まれているものをえらびましょう。

また、コットンを使うとニキビや肌を刺激してしまうので、清潔な手で押さえるようになじませて。
赤みのあるニキビには、桃の葉エキスやカミツレエキスなど沈静作用のあるローションをコットンに含ませて、コットンパックするのが効果的です。

ニキビ用のローションなど、殺菌成分や皮脂吸収成分の配合されたものもあります。
これは、ニキビのない肌の状態を良く見極めて、ニキビのある部分にのみ使用してください。

顔全体に使用すると、ニキビのない肌を荒れさせる原因になります。


ニキビ予防に皮脂コントロール

ニキビのある時には、化粧水などローションだけで保湿して、乳液やクリームを使わない人多いですよね。
実はこれは間違い。

さっぱりした使用感の乳液やジェルなどを選び、きちんと化粧水の水分をとじこめましょう。
その上で、ニキビの気になる部分には、皮脂コントロール作用のあるニキビ用のスポッツケアアイテムをプラスするのがおすすめです。

部分的にケアできるので、他の肌に影響させません。
ニキビのできている部分と健康な肌のケアをきちんと分けることが大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.