> >

ニキビ改善の為のおすすめ食材に含まれる栄養素



ニキビは、乾燥や皮脂分泌の過剰、また生活習慣の乱れから、毛穴が皮脂や汚れでふさがれてしまうことから始まります。

ですので、ニキビ改善には、皮脂分泌を抑える栄養素や、新陳代謝を促進する栄養素がおススメです。
便秘がちの人は食物繊維や乳酸菌を摂るのも効果的です。
ニキビ改善の為のおすすめ栄養素

皮脂分泌をコントロールするビタミン

ニキビに効果的なビタミンはビタミンB群です。
ビタミンB群は全般的に皮膚の産生や正常化に関わるビタミンなので総合的に摂りたいビタミンです。

中でもビタミンB2は、皮脂分泌をコントロールし、細胞の再生に作用、皮膚の粘膜の働きを正常に保つ役割があります。
ビタミンB2が不足すると肌が脂っぽくなり、ニキビなどの肌トラブルになります。

ビタミンB2は鳥レバーや納豆、ヨーグルト、ブロッコリー、しいたけに多く含まれます。

鳥レバーはなかなか食べる機会を増やすことはできませんが、納豆やヨーグルトは毎日の食事に取り入れやすい食材です。
朝食に納豆やヨーグルトをとりいれてみましょう。

新陳代謝を促すビタミン

皮膚のターンオーバーを正常化することで、角質が溜まりにくくなり毛穴がふさがるのを防止することができます。

ビタミンB6には、タンパク質の代謝を促す作用があり、健康な肌や髪、爪など、正常な細胞を産みだすのに必要なビタミンです。

ビタミンB6が不足すると、ターンオーバーがうまく行われず、角質が肥厚してしまうのです。
ビタミンB6は、豚肉、鶏肉、まぐろやさば、いわしなどの魚に多く含まれており、比較的毎日の食事で摂りやすい食材にふくまれています。

ビタミンB6は体内で活用されるのにビタミB2が必要になります。
ですので、一緒に摂ると効果的です。

例えば、マグロ納豆や、豚肉のソテーにブロッコリーを添えたり、バランスの良い食事をとりながらもニキビのケアをすることができます。


食物繊維や乳酸菌で腸をキレイに

便秘がちの人は、腸で毒素が排出されず、その毒素や有害物質が血液から肌に運ばれて、肌が栄養不足になってニキビができるという仕組みになっています。

ですので、ニキビ改善のためにスムーズなお通じをこころがけましょう。
食物繊維は、不要な栄養や毒素をからめて便として排出してくれます。

食物繊維はごぼうなどの根菜やサツマイモなどのイモ類に含まれることは有名ですが、他にも納豆などの豆類、ワカメなどの海藻類にも含まれていますので、積極的にとりましょう。

乳酸菌は腸の善玉菌の栄養となり、善玉菌をふやすことで悪玉菌を減らし、腸内環境を整えます。
ヨーグルトのほか、味噌や糠漬けなどの発酵食品にも含まれています。

朝食に、玄米ご飯に納豆を添えて、また、根菜やワカメ入りのお味噌汁を組み合わせると、ニキビ改善にはとても良い朝食のできあがりです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 食べ物・栄養素

Comments are closed.