> >

妊娠中のニキビは跡に残りやすいので注意



妊娠中のニキビは跡に残りやすいので注意

妊娠とニキビの関係

妊娠中、ニキビや吹き出物に悩まされる妊婦さんは少なくありません。
今までニキビとは無縁だった人も、妊娠初期からニキビができて困る方が多くいらっしゃいます。

その理由は、妊娠に伴う女性ホルモンの変化や、体調の変化によります。

女性ホルモンには2種類あり、女性らしさを司るエストロゲン(卵巣ホルモン)と、妊娠を司るプロゲステロン(黄体ホルモン)があります。

妊娠が成立すると、妊娠を維持するためにプロゲステロンが大量に分泌されます。

このプロゲステロンには、皮脂分泌を活発にする作用もあり、このプロゲステロンの原因で妊娠中はニキビができやすい状態が続くのです。

また、このプロゲステロンにはおなかの赤ちゃんを守るために、胃腸の緊張を緩める作用もあり、この作用のせいで腸の動きが悪くなるために便秘になりやすくなります。

便秘になると、肌に栄養が巡りにくくなるため、肌荒れしたり、乾燥するためターンオーバーが滞るためにニキビができやすくなるといわれています。

妊娠中は運動不足になったり、また、つわりが続くと栄養が十分に摂れない場合や、偏った食事になりがちなため、肌の状態も悪くなります。

妊娠中のニキビケア

妊娠中は肌も敏感になっているので、ニキビケアに殺菌剤など刺激を含むスキンケアや市販薬を使う際は注意しましょう。
できるだけ低刺激や無添加、オーガニックなどの成分にこだわったスキンケアで穏やかにケアしましょう。

妊娠中は実はメラノサイトの感受性が高く、いろいろな刺激でシミや色素沈着ができやすい状態です。
ニキビをつぶしたり、炎症を長引かせると、色素沈着してニキビ痕になりやすくなります。

ですので、ニキビができてしまったら、炎症させないように、洗顔で清潔を心がけましょう。

肌は乾燥していることが多いので、保湿をしっかりと行い、ニキビの部分にだけ炎症の沈静作用のあるローションを塗布したり、軟膏を塗り落ち着かせてください。

繰り返しできてしまう場合は、皮膚科を受診しましょう。
体の中からケアできるビタミン剤や漢方を処方してもらうことも可能です。

妊娠中は自己判断で市販のビタミン剤やニキビ用の内服薬の使用は控えましょう。
そもそもニキビのできる原因がどこにあるか不明だからです。

妊娠性掻痒などの湿疹の場合もあり、その場合はビタミン剤などは聞きません。
抗生物質が必要な場合もありますので、不明な場合はかかりつけの産婦人科や皮膚科を受診しましょう。

妊娠中はニキビケアがしずらい状況です。
運動や、食事面で便秘にならないように気を付けてニキビを悪化させないように気を付けましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.