> >

ニキビや吹き出物の原因は一つではない



ニキビや吹き出物の原因は一つではありません。様々な要素が重なることによって悪化することがあります。
もし当てはまるものがあるなら今すぐ改善しておきましょう。
ニキビや吹き出物の原因は一つではない

ターンオーバー

ニキビや吹き出物は肌のターンオーバーがきちんとできなかったために起こります。

ターンオーバーが正常なサイクルで行われていれば問題はないのですが、そうでなかった場合、毛穴の角質に厚みが出てきて毛穴を塞いでしまい、皮脂が毛穴に詰まることでニキビを作ってしまいます。

皮脂をエサにするアクネ菌が大量に発生することで炎症ができるというわけです。


男性ホルモンが活性化

また思春期にニキビや吹き出物が増えるのは男性ホルモンが活性化してそのせいで体内の皮脂の分泌量が増えるからです。

人より男性ホルモンが多い方はニキビや吹き出物に悩まされやすいです。

思春期ニキビはどうしてもホルモンのバランスが不安定になるため仕方ないのですが、男性ホルモンが増えるのはこの思春期だけとは限りません。


ストレス

男性ホルモンが増えるのはストレスによっても起こります。

人はストレスを溜めずに生活することは不可能でしょう。それほどストレスは身近にあるものだからです。

ですがこのストレスが影響して肌荒れは起きています。


黄体ホルモン

また生理前などにニキビや吹き出物が大量に発生する方も多いと思いますが、これは男性ホルモンに似た働きを持つ、黄体ホルモンの影響です。

これらのホルモンが増えると皮脂分泌が活発になり毛穴が詰まりやすい状態になってしまうのです。

このようにニキビや吹き出物の原因はホルモンです。

このホルモンバランスが崩れて、男性ホルモンが増えた時に肌荒れが起こります。

さすがにホルモンを自分の手で増減させることはできませんが、それでも男性ホルモンに影響の強いストレスを解消させることは可能でしょう。

ストレスを溜め込まないようにするためには溜まる前に何らかの形で発散するようにすれば解決できます。

ストレスを感じることは止められなくても解消して忘れることは可能です。

ニキビや吹き出物を失くすためにも普段から度々ストレス解消をするようにしてください。そうすればニキビや吹き出物の悪化を防ぐことができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: ニキビの原因

Comments are closed.