> >

間違った洗顔方法はニキビを悪化させる!?



間違った洗顔方法により、初期のニキビが悪化してしまった。
このような話をよく耳にします。
では、どのような洗顔を行うとニキビが悪化してしまうのでしょうか?
間違った洗顔方法はニキビを悪化させる!?


間違った洗顔方法とは?

洗顔料を直接お肌に付けて、ゴシゴシ洗う

私たちが日常的に使用しているクレンジング剤や洗顔料の中には、洗浄作用の強い「界面活性剤」が配合されているものがあります。
この成分はクレンジングの残りやお肌の汚れを落とすためには効果的な成分ですが、あまりおススメはできません。

というのは、界面活性剤の中にも「合成界面活性剤」という種類があり、これは石油を原料として作られているからなんです。

現在、界面活性剤がまったく配合されていないコスメも販売されており、できればそのような洗顔料の使用が好ましいといえます。
界面活性剤がすべて悪いというわけではありませんが、極力石油系は避けましょう。

また、お肌に優しい成分だけで作られている洗顔料であっても、直接お肌に付けてゴシゴシとこすってはいけません。

クレンジング剤はメイクを浮かせ、それを取り除く目的、そし洗顔料はクレンジング剤の残りや皮脂、汚れを取り除く目的でそれぞれ使用します。
浮かせて取り除くことが目的であれば、ゴシゴシこすってしまうことがいかにムダであるか、ご理解頂けるのではないかと思います。

クレンジング剤は直接お肌に付けてメイクを浮き上がらせますが、洗顔料はまた別。
直接お肌に付けることにより、強い洗浄成分がお肌にダメージを与えてしまう可能性が大。

さらに力を入れてゴシゴシとこすってしまったら、ニキビにも大きな刺激を与えることになり、炎症の原因となります。


正しい洗顔方法はコレ!

1.手を洗い、クレンジングを行う

クレンジングを行う前には、必ず手を清潔な状態にしておきます。手には思わぬ雑菌が付着していることもあります。クレンジングの前にはまず手を洗いましょう。

2.クレンジングを行う

クレンジング剤には「オイル」、「ジェル」、「ミルク」、「泡」、「クリーム」などの洗い流すタイプと「拭き取りタイプ」に分類されています。

この中で洗浄力が優れているものは「オイル」と「拭き取り」ですが、どちらもお肌への負担が大きいため、ニキビ肌の方におススメすることはできません。
軽度の白ニキビであれば「ジェル」、赤ニキビ以降の悪化したニキビに対しては「「ミルク」、「泡」、「クリーム」がおススメです。

3.クレンジング剤をしっかりと流す

実は、この部分がとても大切です。クレンジング剤がメイクを浮き上がらせることを目的として使用することは前述のとおりですが、その浮き上がったメイクをしっかりと洗い流しておかないと、メイクの成分がお肌に残る可能性があり、洗顔の効果が半減してしまいます。

また、冷たい水や熱いお湯は避け、ぬるま湯で十分に洗い流して下さい。

4.洗顔を行う

適量の石鹸や洗顔フォームを手に取り、ゆっくりと泡立てます。大げさなモコモコの泡を作る必要はありませんが、お肌の上を転がすことができるくらいの泡は必要です。
泡をお肌に乗せ、クルクルと円を描くように顔全体に広げます。

特に小鼻や口の周りは粗い残しが多い場所ですので、丁寧に行って下さい。
このときに、決して力を入れて行わないよう、気をつけて下さいね。


5.洗い流します

クレンジングと同様、冷たい水やお湯を避け、ぬるま湯で丁寧に洗い流します。
シャワーであればそれほど神経質になる必要はありませんが、手でジャブジャブと洗い流す場合には、30回が目安です。


6.タオルドライを行う

清潔なタオルで水分を拭き取りますが、決してタオルを顔に押し付けたりゴシゴシとこすったりしないよう、気をつけましょう。
ニキビ肌は刺激しないことが基本中の基本です。

7.保湿を行う

ビタミンC誘導体や保湿成分配合の化粧水でお肌を整え、保湿を行います。
このときにはコットンを使用するのではなく、化粧水を手に取り、化粧水をお肌につけたら馴染ませるように手のひら全体でお肌を抑えるようにして行いましょう。

さらに乾燥肌が気になる場合には、オイルや美容液でニキビ部分を避け、保湿を行います。これには「スクワラン」や「アプリコット」などのキャリアオイルがおススメです。


間違った洗顔はニキビを増長し、正しい洗顔はニキビ予防や改善の対策となります。
正しい洗顔方法をマスターし、上手にニキビとサヨナラしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 洗顔方法

Comments are closed.