> >

ニキビができてしまったときの洗顔の仕方



毛穴に皮脂や汚れが詰まると酸素の供給ができなくなり、ニキビの元となるアクネ菌が増殖します。

これを防ぐには、毎日の洗顔で毛穴をきれいな状態に保つことが必要不可欠です。
今回は、上手な洗顔方法についてまとめてみました。
ニキビができてしまったときの洗顔の仕方

基本の洗顔の回数

肌トラブルが起きると「とにかくきれいにしなくちゃ!」と洗顔の回数が多くなりがちです。

確かにその都度汚れは落ちますが、あまり洗いすぎると必要な脂分まで取り去ってしまい、肌が危機感を感じます。

その結果「脂分が足りていない状態である」と認識し、かえって皮脂過剰になってしまうので気を付けてください。

ニキビができたときも、洗顔の回数は朝晩1回ずつが基本です。それ以外でどうしても顔の汚れが気になるときは、水がぬるま湯でササッと洗う程度にとどめましょう。


ニキビ肌に優しい洗顔料

ニキビができているということは、肌が炎症を起こして傷つきやすくなっているということ。そんなところへ刺激の強いスクラブ入り洗顔料を使ってしまうと、余計に肌が傷ついてニキビが悪化してしまうので、ニキビが治るまではスクラブ入りは避けてください。

一番いいのは、低刺激でうるおいを守ってくれる洗顔料です。皮脂を取りすぎないことで皮脂分泌が穏やかになり、乾燥を防ぐことで毛穴が引き締まります。


上手な洗顔の仕方

肌に優しい洗顔料を用意したら、実際に顔を洗ってみましょう。
まず、髪が顔にかからないようヘアバンドでまとめます。

髪は意外と汚れており、顔にかかるとニキビの原因になるので気を付けてください。また、手が汚れていたら元も子もないのでしっかりと洗っておきましょう。

次に、お湯の温度を調整します。冷たすぎると汚れが落ちないし、熱すぎると皮脂を取りすぎてしまうので、32度ぐらいが適温です。

ざっと顔全体をお湯で洗ったら、手のひらで十分に洗顔料を泡立てます。
泡立ちが少ないと手で直接肌をこすることになり、それがまた刺激になるのでモコモコに泡立ててください。

Tゾーンを中心に泡でなでるように優しく洗ったら、洗顔料が肌に残らないよう何度もすすぎをします。きれいなお湯で、最低でも30回はすすいでください。


洗顔後のお手入れ

洗顔が終わったら、保湿作用があり、ビタミンC誘導体が配合されている化粧品を使ってお手入れしましょう。

ニキビに炎症が起きると真皮層が傷つき、過剰にメラニンが作られるので、ターンオーバーを促すためにはビタミンCが必要です。

洗顔は、スキンケアの基本中の基本。これがきちんとできていればニキビの元となる毛穴の詰まりも防げるので、毎日コツコツと頑張っていきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 洗顔方法

Comments are closed.