> >

見た目が悪く厄介なニキビ。原因はなに?



思春期を過ぎると、多くの人が悩まされることになるニキビ。
特に顔という目立つ場所にできると、人と会うのも億劫になる人が少なくありません。
でも、なぜこんなものができてしまうのでしょうか? 原因と対処法について説明します。
見た目が悪く厄介なニキビ。原因はなに?

ニキビができる原因

ニキビができる原因は、年代によって違います。

思春期にできるニキビは、多くの場合、過剰に分泌される皮脂が原因です。成長ホルモンや男性ホルモンの働きが活発になることや、油をたっぷり使った料理を好むことで顔全体が脂っぽくなるのです。

また、体育や部活などで汗をかく機会が多く、顔が汚れやすかったり、シャンプーやリンスをしっかり落としきれていなかったりすることもニキビの原因になります。

一方、大人にできるニキビは、ホルモンバランスの乱れや基礎代謝の低下など、大人特有の事情が絡み合ってできるケースが少なくありません。

また、肌が乾燥して毛穴が開きやすいことも原因のひとつです。

単に清潔を保つだけではなく、体質そのものを改善していく必要があることから、思春期のニキビよりも直りにくく、再発しやすいという特徴があります。


ニキビを防ぐための生活習慣

ニキビを作らせないためには、清潔に気を付けて規則正しい生活をすることが大切です。
忙しい毎日の中ではなかなか難しいときもありますが、できることから頑張っていきましょう。

まずは洗顔です

ニキビの元になるアクネ菌を増やさないよう、余分な皮脂や汗、汚れをしっかり洗い流しておきましょう。

洗顔料は低刺激のものを選び、成分が肌に残らないようしっかりすすいでください。

洗顔後は、保湿効果が高く、有効成分をしっかりと肌の奥へ届けてくれるビタミンC誘導体が配合されている化粧品でお手入れしましょう。


早寝早起き

ホルモンバランスを正常に保つためには、早寝早起きが有効です。

夜は成長ホルモンや女性ホルモンの分泌量が増える10時~2時までには眠るようにしましょう。

そして、朝は早めに起きて体いっぱいに太陽の光を浴びます。(浴び過ぎはダメ)
こうすると体内時計もきちんと働き、ホルモンバランスの乱れに影響する自律神経も整います。


そして食事です

新しい皮膚を作る原料となるたんぱく質、コラーゲンの生成を助けるビタミンC、女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンを含む大豆製品を中心に、1日3回、栄養バランスのとれた食事をとってください。

また、皮脂の過剰な分泌を抑えるため、油をたっぷり使った食べ物を控えることも大切です。インスタントやコンビニの弁当も、肌を攻撃する活性酸素を発生させる原因になるのであまり口にしないほうが良いでしょう。



ニキビができる原因や解決法は、年齢や生活習慣によって変わります。しかし、ケアの基本が洗顔・食事・睡眠であることは同じです。こうした当たり前の生活を心がけ、つるつるの素肌を保ちましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: ニキビの原因

Comments are closed.