> >

食生活の見直しでニキビ対策



ニキビができる原因には様々なものがあり、最近多くの大人が悩まされているアダルトニキビともなると、それら様々な原因が複雑に絡み合った結果できてしまうことが多いので、何が原因なのかを突き止めることは難しいでしょう。
食生活の見直しでニキビ対策
しかし、ハッキリとした原因が定かでなかったとしても、ニキビ対策に大きな効果を発揮する対応策はいくつもあります。

その1つが食生活の改善です。

現代人は仕事に追われ、食事をただの栄養補給としてしか捉えていない人も少なくありません。

ですから外食で済ましてしまう人も多く、好きなものばかり食べるので偏食が多いという傾向があります。

この食生活を少し見直すだけでもニキビ対策に大きな効果を生むことになるのです。


ニキビに良い栄養素

まずはニキビにいいとされる栄養素について紹介していきましょう。

ビタミンA

ビタミンAを多く含む食材には、しその葉、モロヘイヤ、人参などがあります。

ビタミンAには毛穴の詰まりを改善して、肌のターンオーバーを促進させることかがあるので、ニキビのできにくい健康な肌へと導きます。


ビタミンB2

ビタミンB2を多く含む食材には、レバー、はつ、海苔などがあります。

ビタミンB2には肌の角質化を防ぎ、皮脂の過剰分泌を抑制する働きがあるので、肌の状態を正常に保ってニキビのできにくい肌へ導きます。


ビタミンC

ビタミンCを多く含む食材には、赤ピーマン、モロヘイヤ、ゆずの皮などがあります。

ビタミンCは美肌には欠かせない栄養素とも言われており、コラーゲンの生成促進、メラニンの生成抑制、抗酸化作用があります。


ビタミンE

ビタミンEを多く含む食材には、レバー、アンコウの肝、すじこ、緑黄色野菜などがあります。

高い抗酸化作用で肌の老化を防ぎ、血液循環促進で肌の成長に必要な栄養の運搬、老廃物の滞留を防ぎます。


ミネラル

ミネラルを多く含む食材には、ナッツ類、牛乳、ほうれんそう、貝類など
があります。

ミネラルにはホルモンバランスを整える働きがあり、肌のターンオーバーを促進させてニキビのできにくい、健康な肌
を維持します。


コラーゲン

コラーゲンを多く含む食材には、鶏皮、軟骨、ゼラチンなどがります。

コラーゲンは美容成分としても有名で、アミノ酸と結合して肌をつくる欠かせない材料となります。

ツルツル・プルプルの肌を維持するのに必要不可欠な栄養素として有名です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 食べ物・栄養素

Comments are closed.