> >

思春期ニキビができる原因



小学生高学年くらいから高校生くらいまでは、思春期ニキビに悩まされるのは仕方のないことなのかもしれません。

しかし仕方がないからといって、多感な思春期の子供たちにとってそれだけで済ますことができないのは事実です。
思春期ニキビができる原因
それに今では単なるニキビではなく、思春期ニキビという言葉ができているように、ニキビは思春期だけの一過性のものではなくなってきました。

思春期の子供たちだけでなく、大人になったあともアダルトニキビに悩まされる人が多いのです。

しかしこの2つのニキビは同じニキビという呼ばれ方をしていても、できる原因は全く異なっています。

ですから思春期ニキビとアダルトニキビでは全く対応策が違ってくることになるのです。

それでは今回は、思春期ニキビを説明していきながら、できる原因について考えていくことにしましょう。


思春期ニキビとは?

思春期ニキビは10代の思春期を迎えた男女にできるニキビで、オデコや鼻、あごのTゾーンと、頬、こめかみなど顔の上半分にできるのが特徴です。

ニキビがひどい、軽いには個人差があるので、顔全体に広がるような人もいますし、ちゃんと入れをしないと某コメディアンの相方のようにブツブツのひどいニキビ跡が起こることもあります。


大量分泌される成長ホルモンが原因

思春期ニキビとアダルトニキビにはその原因が全く違うと申しましたが、思春期ニキビができる原因は思春期に大量分泌される成長ホルモンが大きく影響しています。

思春期には成人へと成長するために、体に大きな変化が現れる時期なのですが、その成長を促すのに大きな働きをするのが成長ホルモンです。

成長ホルモンは思春期以降も分泌され続ける事になるのですが、一生のうちで1番大量の成長ホルモンが分泌されるのが思春期なのです。

この成長に欠かすことのできない成長ホルモンですが、成長を促すだけでなく、ニキビを作りやすくするという嬉しくない働きもあります。

成長ホルモンはニキビの原因となる皮脂を過剰に分泌させてしまいます。

とういものこの皮脂は毛穴の中にある皮脂線というところから分泌されるのですが、この皮脂腺は刺激にとても敏感な習性があり、大量に分泌された成長ホルモンにも過敏に反応してしますのです。

皮脂腺は通常よりも多く分泌された成長ホルモンを外的だと勘違いして、それを体外に追い出そうとせっせと皮脂の分泌を続けます。

これによって大量の皮脂が毛穴に詰まるニキビができやすい状態となってしまうというわけです。

冒頭で思春期ニキビに悩まされるのは仕方がないと言ったのも、成長ホルモンが分泌されて成長する過程では致し方ないためです。

しかし、ニキビの発生は正しい対応策で改善していくことが可能です。

くれぐれも放っておくことのないよう、正しいケアを行うことを心がけましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.