> >

ニキビ跡を作らないための正しい対策



ニキビは治ったからといっても、それで終わるというわけにはいきません。
治ったあとにもニキビ跡に悩まされる人は少なくないのです。
ニキビ跡を作らないための正しい対策
ですからニキビができた時には迅速に正しいケアをする必要があるのです。

間違ったケアを施すとニキビが再発しやすくなったり、さらに悪化したり、問題のニキビ跡になって、取り返しのつかない事態となってしまいます。

それでは今回は、深刻なニキビ跡にならないためにも、どのようなケアをすればいいのかを説明していくことにしましょう。


ニキビ跡を作らない対策

それでは取り返しのつかないニキビ跡を作らないための、正しいニキビ跡対策にはどのようなものがあるのでしょうか?

ニキビ対策の基本は、ニキビの炎症対策と正常な肌のターンオーバーです。

炎症がひどい場合や、長引く場合には、皮膚が刺激されることにより多くのメラニンが生成されることになります。

メラニンの生成はいわば肌の刺激に対する防御策です。

炎症などの強い刺激が長いあいだ続く事になると、肌を刺激から守ろうと多くのメラニンを生成します。

すると色素沈着によるシミが多くなり、シミのようなニキビ跡を作り出すこととなります。

また炎症は皮膚細胞にも大きなダメージを与えることとなるので、ダメージを受けた細胞が再生される際にクレーター状のデコボコな皮膚を作り出してしまうことにもなるのです。

また、通常ニキビ跡は皮膚のターンオーバーによって段々ときれいに治っていきます。

しかしこのターンオーバーが正常に行わなければ、このニキビ跡もそのままとなってしまいます。

以上のように、ニキビ跡対策には炎症改善と正常なターンオーバーが非常に重要な役割を担っているので、この2つの正しい対応が必要になってきます。

炎症対策

ニキビの炎症は皮膚が硬くなって、深い部分で炎症している状態です。

長引かせないためにも保湿を心がけて皮膚を柔らかくしてやり、早めにニキビの芯を排出するようにしましょう。

また炎症場所に刺激は厳禁です。

洗顔時にもできるだけ炎症場所を刺激しないことを心がけ、オイルや合成界面活性剤などの刺激物の入った洗顔料の使用は控えましょう。


ターンオーバー対策

若い頃の肌がキレイなのは肌のターンオーバーが活性化されているからです。

しかし、これは加齢によって低下してきます。

かと言ってあきらる必要はありません。

加齢によって低下したターンオーバー機能も、紫外線などからの刺激物からの肌の保護によってダメージを防ぐことができます。

またヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンなどを配合した化粧水やサプリメントなどで、肌細胞を作るのに必要な成分を補給してやることでターンオーバーを活性化させることができます。

正常なターンオーバーはニキビ跡を消すだけでなく、キレイで健康な肌を維持するために欠かせません。

くれぐれも正しいケアを心がけて、キレイで健康な肌をキープしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: ニキビ跡

Comments are closed.