> >

大人ニキビを悪化させる様々な原因



大人ニキビに悩まされている人は多いかと思いますが、なんとかそのニキビを治そうとして行ったことが、却ってニキビを悪化させてしまったということも少なくありません。
大人ニキビを悪化させる様々な原因
大人ニキビは思春期ニキビとできる原因が違うので、ニキビ改善に効果があると言われているもの全てが有効ということにはなりません。

それでは大人ニキビを悪化させたり、できやすくしたりする間違った習慣にはどのようなものがあるのか、わかりやすく紹介していくことにしましょう。


過剰な洗顔

大人ニキビを早く治そうと、過剰な洗顔を繰り返している人はいませんか?

おそらくニキビができる原因である脂っぽさを防ごうと、1日に何度も洗顔を繰り返している人は少なくないと思います。

確かに過分な皮脂はニキビの原因となりますが、皮脂は本来肌のバリアの働きをしています。

ホコリや紫外線などの刺激から肌を守っているのです。

ですから、過剰な洗顔によって皮脂を洗い流すと、皮膚はまた皮脂を作ろうとして、皮脂の過剰分泌を引き起こすことになります。

ですから、過剰な皮脂の洗浄は却ってニキビができやすい肌を作り出してしまうというわけです。

特に女性はメイク落としの後に洗顔をするダブル洗顔を行う人も多いと思いますが、これも過剰に皮脂を洗い流すことになるのでNG行為と言えるでしょう。

ニキビに悩まされている人は特に、ダブル洗顔の必要ない洗顔料を使用するようにしてください。


肉中心の食生活

大人ニキビを悪化させてしまう食材として肉が挙げられます。

肉に含まれる動物性タンパク質には皮脂を分泌する皮脂腺の活動を活性化させる作用があるので、肉食に偏った食事を続
けていると、過剰な皮脂を分泌させることとなって、ニキビのできやすい肌環境を作り上げてしまいます。

肉に偏ってるなと思ったら、肌の調子を整えたり、整腸作用の高い野菜を多めに摂取することを心がけるようにしましょ
う。


肌の乾燥

ニキビができる原因は皮脂が大きく関係しています。

しかし、思春期ニキビと大人ニキビではこの皮脂が過剰分泌されるメカニズムが全く違います。

思春期ニキビが成長ホルモンによるものに対して、大人ニキビは肌の乾燥によって皮脂の過剰分泌が起こります。

年齢を重ねていくと様々な要因が影響して、肌の機能も低下します。

それによって、肌のバリア機能が弱くなり、肌の水分が蒸発して乾燥肌が引き起こされます。

これを防ごうとして肌は過剰な皮脂を分泌させるようになり、ニキビができる原因を作り出してしますというわけです。

ですから肌の乾燥を感じたら、化粧品などを使って肌の保湿を心がけるようにしましょう。

保湿こそが大人ニキビを防止する最大の対策法です。

乾燥している方がニキビができやすいという考えは間違いです。

誤解しないように保湿に務めるようにしてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 大人ニキビ

Comments are closed.