> >

白ニキビのケア、潰すのはOK?



白ニキビは、ニキビのとても初期段階のものです。
ニキビは気づかないうちにできて、気づいた時には炎症をおこしている赤ニキビになっていることが多いんです。
白ニキビのケア、潰すのはOK?
実は、ニキビは白ニキビのうちに対処してしまうと、跡にならずにラクなんです。

特に、女性はメークをしてしまうので、白ニキビができていることには気づきにくく、メークを落として赤ニキビに気づくことも!

白ニキビのうちにケアしてしまいましょう!

白ニキビってどういう状態?

白ニキビは、毛穴に皮脂や古い角質が溜まった状態のニキビで、まだ炎症を起こしていません。

炎症とは、毛穴の中で、皮脂を栄養にしてアクネ菌が繁殖している状態です。
ですので、白ニキビのうちに、毛穴から皮脂を出してあげることが必要です。

ニキビになるそもそもの原因は「皮脂過剰」と「肌の角質の肥厚」「汚れによる毛穴のつまり」があります。

乾燥やターンオーバーの乱れで角質が厚くなったり、汚れで毛穴が塞がれることによって、皮脂が毛穴から出られないのです。


洗顔で毛穴の汚れをすっきりさせましょう

まずは、洗顔が大切です。
洗顔ひとつにしても、ニキビ用の洗顔がありますので、注意してくださいね。
ニキビができているときの洗顔のポイントは3つあります。

(1)ゴシゴシこすらない
(2)洗いすぎない
(3)すすぎ残しに注意

まず、「(1)のゴシゴシこすらない」についてですが、ニキビは摩擦で炎症を引き起こしますので、パフやブラシなどを使わずに、しっかりと泡をたてて指先を使って毛穴まで丁寧に洗いましょう。

洗顔料は泡の表面に汚れを吸着する成分がありますので、泡をしっかり立てることがポイントです。

「(2)洗いすぎない」については、皮脂分泌が過剰でべとべとすると、一日に何度も洗顔したくなりますが、洗顔して皮脂を洗い流すと、その分、皮脂分泌を促進してしまいます。

ですので、洗顔が1日に2回、ティーンの方は3回までに抑え、脂取り紙などを活用して洗いすぎを防ぎましょう。

最後の「(3)すすぎ残しに注意」は、生え際、耳の周り、首筋などに洗顔料が残りやすく、その洗顔料の残りが刺激となって、ニキビを悪化させてしまいます。 しっかりゆすいで、鏡でチェックするのを忘れずに!


保湿と古い角質をケア

毛穴の汚れがキレイにできたら、しっかりと保湿をしましょう。
肌をうるおわせて角質を厚くさせないことで毛穴の詰まりを防ぎます。

ニキビがあっても肌は乾燥していることがあります。
さっぱりタイプのローションでもOKですので、セラミドなどの保湿成分が入ったものを選んでください。

また、古い角質を取り除く拭き取りタイプのローションやパックなどもおすすめです。
古い角質が取り除かれることで、毛穴周りがすっきりとして、皮脂が出やすくなります。

白ニキビになったら、毛穴のお掃除をして、皮脂を出してあげましょう!
もちろん、市販のニキビ薬で早めに皮脂を吸収させて完治してしまうのもOK。

欧米では白ニキビは潰すものという考えもありますが、それは皮膚科などで専用の器具やその後の滅菌ケアが正しくおこなわれてこそ。

素人では、潰せても、その後の菌混入による化膿が考えられますので、自分で潰すのは避けましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 白ニキビ

Comments are closed.