> >

ニキビを防ぐ洗顔方法



ニキビができやすいのは、肌状態にもよりますが、多くは体質や生活習慣に原因があります。
ニキビを防ぐ洗顔方法
ティーンの方は、成長ホルモンの関係で皮脂分泌が盛んであるのは止められませんし、20才以上の方は、仕事や人間関係のストレスや、生活習慣の乱れによって皮脂分泌が乱れたり、肌が乾燥して毛穴が詰まりやすくなっています。

しかし、体の中が様々な状態でも、肌を清潔にし、毛穴を詰まらせないようにすることで、ニキビの発生を防ぐことも可能です。

では、ニキビを防ぐ洗顔方法についてみてみましょう。


洗顔料選び

ニキビができないように、ニキビ肌専用の洗顔料を選ぶ方がいます。

アクネ菌を殺菌する成分や、皮脂を強力に洗い流す成分が配合されているものです。
逆に皮脂分泌が過剰になったり、乾燥を引き起こします。

ニキビができないようにするには、毛穴の汚れまできちんと洗える作用と、必要な潤いを洗い流さない保湿力のある洗顔料であることが大切なのです。

これに洗顔料としておすすめなのが、固形石鹸やパウダータイプの洗顔料です。
固形石鹸やパウダータイプの洗顔料には界面活性剤があまり含まれていません。

界面活性剤は肌への刺激もありますし、洗浄力が強いので、皮脂だけでなく必要なうるおいまで洗い流してしまい、肌を乾燥させてしまいます。

また、余計な油分を含まないので、次に使う化粧液などの浸透が良くなります。

迷ったら、シンプルな無添加の固形石鹸やパウダーを選びましょう。
肌をナチュラルにリセットしてくれます。

酵素入りのパウダー洗顔料もおススメです。


泡で洗う

泡をしっかり立てて洗うことが大切なことは十分浸透してきましたよね。
その影響か、ポンプタイプで泡がそのまま出てくる洗顔料なども発売されています。

しかし、人工的に泡がつくりやすくなる界面活性剤のなどの表示指定成分が大量に配合されて肌には良くないので避けましょう。

固形石鹸や、パウダー洗顔料を泡立てネットなどを活用して、しっかりモコモコに泡立てましょう。

水分を多めに含ませると、泡ができやすくなります。
そして、洗う際に気を付けたいのが、肌をこすらないこと。

肌をこするという行為は、肌にとってとてもデメリット。

刺激になって、ニキビを刺激したりシミの原因にもなりますし、引っ張ってシワの元になることも。

ですので、泡の弾力ですべらすように洗いましょう。

泡の表面に汚れを吸着する成分がありますので、キメの細かい泡を肌にのせるだけでも、毛穴に入り込んで汚れを吸着してくれます。


しっかりすすぐ

すすぐときのお湯の温度は30~32℃の、ぬるい温度がベストです。
熱いと肌を乾燥させてしまいます。

また、生え際、首すじ、耳の周りなども丁寧に洗いましょう。
タオル使いまわしではなく、清潔で肌あたりの優しいものを選んで。

ニキビができている場合はガーゼ素材などの肌に優しい素材のもので、肌に押し当てるように水分を拭き取ってください。 決してこすらずに。

ニキビができないように、毎日の洗顔を見直して、丁寧な洗顔をしてみませんか?
洗顔を変えるだけでも、ニキビができにくくなることを実感していただけるはずです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 洗顔方法

Comments are closed.