> >

背中になぜニキビ? 見えないから気を付けて



背中のニキビってどうケアして良いかわかりませんよね。
気付くとザラザラ・ボツボツと、背中が荒れていることがあります。
背中になぜニキビ? 見えないから気を付けて
そのままにしておくと、繰り返してしまい、知らないうちに黒ずみになったり、シミになったりしてきます。

背中のニキビは見えないので、だれでも気付きにくいのです。

背中のニキビのメカニズム

背中にニキビができる原因は何なのでしょうか?
そもそも背中は皮脂腺の多い部分です。

体の中心は皮脂腺が集中しており、顔のTゾーンや胸元などと同じように、背中も例外ではありません。

顔の皮脂分泌が多いな、と感じるときは、背中のニキビにも注意してみましょう。

そして、背中は皮脂腺が多い上に汗が溜まりやすい部分です。

背中は背骨にそって、凹んでいるので汗が流れ込みやすい構造をしています。
汗だけでなく、古い角質や汚れもたまりやすくなります。

このように、背中や皮脂分泌が活発で、汚れが溜まりやすいので毛穴がつまってニキビができやすいのです。


背中のニキビの外的要因

背中のニキビは特有の原因もあります。

それは、洗い残し、すすぎ残しの多い部分であることです。
背中って洗いにくいですよね。

後ろで見えないうえに、背骨にそって凹んだ構造をしているので、手やボディタオルが届きにくく、洗いにくい部分で、ついつい皮脂や汚れ、古い角質が溜まりがちなのです。

また、洗い流したとしても、首筋や髪の毛から滴るシャンプーやリンスの残りが背中に垂れたりして、付着してしまうのです。

背中はきちんと洗って、すすぐことと、シャンプー後に髪の毛のしずくが背中に落ちないように注意しましょう。


衣服の刺激

意外な原因が、衣服の摩擦です。
摩擦のほかに、衣服についた汗なども刺激となります。

また、衣服を着用しているために、湿気が高く、菌が繁殖しやすい環境なのです。

チクチクする化学繊維などの下着は避けて、吸汗性のある肌触りのよい下着を選ぶこともポイントです。

女性は髪の毛が背中にあたることも汚れの付着の原因にもなるので、合わせて気を付けましょう。

背中にニキビができてしまった時は、これらの原因とともに、顔や胸元にもニキビができていないか確認してみましょう。

背中だけにできているのであれば、上記のような洗い残しや、衣服のチェックをしてみると改善します。

しかしながら、顔や胸元にもニキビができているのであれば、原因は体や生活習慣にあります。

ストレスや食生活、便秘、寝不足など生活を見直すとともに、背中ニキビのケアをプラスしてください。

背中のニキビはシミや跡になりやすく、その後のケアもしにくいので、予防することがとても大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 背中ニキビ

Comments are closed.