> >

背中ニキビのケア方法とスキンケアアイテム



夏になって、背中のあいた洋服やドレス、水着を着たときに、背中のニキビに気づいて、恥ずかしい思いをした経験がある人も多いと思います。
背中ニキビのケア方法とスキンケアアイテム
背中のニキビは気づきにくいですが、ざらつきや、少しぽつっと吹き出物を発見したら早めにチェックしてケアしましょう。

今はボディ用のニキビケアアイテムも発売されているので、ケアも簡単です。


背中にニキビケア方法:清潔に洗う

背中は体の中心なので皮脂腺が多く、また汗もかいて汚れが溜まりやすい構造をしているので、ニキビになりやすい部分なのです。

また、原因の一つとして、体の洗い残しやすい部分であることや、洗髪後のシャンプーやリンスなどが背中に流れやすいという原因があります。

ですので、第一に気を付けたいのが洗浄による清潔さのキープです。

背中は手が届きにくい部分ですので、背中に届く長いボディタオルや、柄つきのボディブラシを活用しましょう。

顔と一緒でゴシゴシ洗ってはいけませんので、優しくマッサージするように洗ってください。
手で確認して、脂っぽさが残っていないか、チェックしましょう。

また、注意したいのが、体を洗う前に洗髪を済ますこと。

体を先に洗ってしまうと、髪の毛を洗った後のシャンプーやリンスが体についてしまうので、
髪の毛→体と順番に洗いましょう。


ボディ用のニキビケアローションを活用

ボディ用のニキビケアローションも増えてきました。

多くは、背中にもつけやすいように、逆になっても塗布しやすいような構造のものや、広範囲に塗布できるスプレータイプになっています。嬉しいですね。

オルビスのクリアボディローションは抗炎症成分のグリチルリチン酸が配合された医薬部外品の薬用のローションです。

保湿成分や角質柔軟成分などが配合されていて、ニキビができにくい肌へ導く成分が嬉しいです。

DHCには薬用アクネホワイトニングボディミストという商品があって、ニキビケアプラス、ビタミンC誘導体配合で美白ケアもしてくれるものがあり、おススメです。

またロート製薬のアクネス25 メディカルミストは第2類医薬品なので、しっかりしたお薬です。

殺菌成分や抗炎症成分をはじめ、角質を柔軟にする成分も配合されていて、できてしまったニキビをしっかり治療してくれます。


背中にローションを塗る小道具も活用

背中に手が届かずに苦労してしまう多くの人のために、背中用のローションを塗る専用のスティックも販売されています。先端部分にローションを含ませたコットンを挟んでパッティングできるものもあります。

本格的に背中のケアをしたい人や、背中美人を目指したい人は、1000円くらいで手に入れられるので、活用してください。

背中のニキビができてもケアするアイテムが揃えば安心ですよね。

まずは清潔を第一にして、できてしまったニキビはローションや小物を活用して、しっかりケアしてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 背中ニキビ

Comments are closed.