> >

ニキビのスキンケアで皮膚科医がピーリング洗顔をすすめる理由



ニキビの原因として知られているアクネ菌…でもアクネ菌は悪者ではありません。
ニキビのスキンケアで皮膚科医がピーリング洗顔をすすめる理由
皮脂が毛穴に詰まると悪さをしますが、通常アクネ菌は肌を弱酸性にたもち、すこやかにする働きをし、肌を守っています。

ですので皮膚科医もアクネ菌を殺菌する治療を重視することはほとんどありません。皮膚科医がすすめるニキビケアといえば、ピーリング洗顔です。

ここではニキビの根本的な原因と、皮膚科医がピーリング洗顔をすすめる理由をまとめました。


ニキビができる根本的な原因

ニキビができる根本的な原因は、皮脂のつまった毛穴を、古い角質がふさぐことです。本来、皮脂が大量に分泌されるだけでは、ニキビはできません。

根本的な原因は、古い角質にあります。
毛穴のつまりがなければ、皮脂をエサにアクネ菌が大繁殖することはありません。

よって古い角質の蓄積が、ニキビの原因になります。それを改善するのが、ピーリングです。


皮膚科医がピーリング洗顔をすすめる理由

ニキビケアで皮膚科医がピーリング洗顔をおすすめする理由は、毛穴につまった古い角質を除去できるからです。

ニキビは古い角質がなくなれば、どんなに皮脂が大量に分泌されてもつまることがないので、ニキビができないのです。


でもピーリング洗顔は注意が必要

ピーリングせっけんなどを使った、ピーリング洗顔は、古い角質の除去に効果を発揮します。

ただピーリング洗顔やピーリング治療などのピーリングするものには、副作用があります。

古い角質だけでなく、キレイな角質まで傷つけてしまうので、肌の乾燥を招いたり、紫外線に弱い肌になってしまいます。

ピーリングした肌は素っ裸になります。

乾燥や紫外線の影響をモロに受ける肌になってしまうので、さらにニキビができやすく、悪化しかねません。

ですので使うときは十分注意しなければならないのです。


自分に合う洗顔料と生活習慣でニキビを改善する

上でも紹介した通り、ニキビを改善する方法は、古い角質の蓄積を改善することです。でもキレイな角質を傷つけてしまう方法ではいけません。そのためにやるべきことは、以下のふたつです。

自分に合う肌にやさしい洗顔料で正しく洗う

おおよそニキビ洗顔料には、ピーリング成分が含まれています。ですのでピーリング作用のない肌にやさしい洗顔料を選びましょう。

つっぱり感や刺激がなく、無添加なものがおすすめです。洗い上がりにうるおいが残るものがおすすめです。

しっかり泡立ててやさしく洗うのも大切です。すすぎは自分の肌よりも低い温度の水を使い、すすぎ残しのないようにしましょう。

しっかり洗えば古い角質を落とし、ニキビを防げますよ。


食べ物、睡眠などの生活習慣を改善する

栄養バランスのとれた食事をとり、自分がすっきりする睡眠時間を確保しましょう。

特に睡眠は、古い角質を自然にはがすので、ニキビケアには最適です。スキンケアと同時に改善しましょう。


おわりに

ピーリング洗顔は、通販や皮膚科で売られています。仮にピーリング洗顔でニキビが一時的にキレイになったとしても、刺激に弱い肌になってしまうので、ニキビが再発する可能性は十分にあります。

ニキビは、間違ったスキンケアや食べ物、睡眠などが原因のことがほとんどなので、まずはこれらを改善しましょう。アクネ菌を殺菌するよりも、効果的ですよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 洗顔方法

Comments are closed.