> >

まず三ヶ月試して!繰り返すニキビに試してほしい洗顔のポイント



繰り返すニキビを治すためには、自分に合った洗顔をやるのが大切です。
まず三ヶ月試して!繰り返すニキビに試してほしい洗顔のポイント
ニキビに効果的な洗顔は、人それぞれです。まずはいろいろ試してみましょう。

洗顔方法は、短期間試して効果がないと決めつけるのではなく、最低三ヶ月試すのが大切です。

ここでは自分にぴったりの洗顔を探すために、繰り返すニキビに試してほしい洗顔のポイントをまとめました。


ニキビ用の洗顔料

ニキビ用の洗顔料は、洗浄力の強い成分が含まれています。

三ヶ月間使って症状が悪化するようなら、ニキビの原因は洗顔のやりすぎなどによる、肌の乾燥の疑いがあります。

ニキビ用洗顔料を使ってひどくなった場合は、まず3ヶ月間は水だけの洗顔を試しましょう。

もし改善されたなら、洗いすぎが原因です。
夜はクレンジングだけ、朝は水だけの洗顔をやり、保湿を徹底しましょう。

水だけ洗顔でニキビがひどくなった場合は、洗わなすぎが原因です。洗顔料を使って、皮脂をとる洗顔をやりましょう。

ただ洗顔料にイオウが含まれていたり、ピーリング効果のあるものはニキビには効果的ですが、洗浄力が強すぎます。

顔全体に使うと、健康な肌を傷つけてしまい、ニキビを悪化させてしまいます。

洗顔料は肌にやさしい処方のものにしましょう。もしイオウやピーリング洗顔料を使うなら、ニキビの箇所だけに使いましょう。


肌バリア機能を守る

肌バリア機能がなくなれば、ニキビができやすい肌の環境になります。肌バリア機能を担っている『皮脂膜』を守るためには、洗顔するタイミングも大切です。

3ヶ月間、お風呂あがりに、クレンジングと洗顔をやりましょう。もしこれでニキビが治れば、洗顔の方法やタイミングが、ニキビの原因だと特定することができます。

お風呂に入る前にクレンジングや洗顔をやると、バリアがなくなった肌に、以下のようなダメージを与えます。これが繰り返すニキビの原因になってしまいます。

・顔に熱いシャワーを浴びることによる肌バリア機能の低下
・シャンプーやコンディショナーのすすぎ残しが顔に残る

メイクをしたままシャワーしたほうが、肌が皮脂膜に守られているので、熱いシャワーによる肌バリア機能の低下を防げます。

またお風呂上りにクレンジングや洗顔すれば、シャンプーやコンディショナーのすすぎ残しが顔に残ることもありません。

しかもお風呂上りの肌は毛穴が開いているので、毛穴につまった皮脂を落としやすく、ニキビになるのを防げますよ。


おわりに

ニキビを繰り返してしまうのは、自分に合った洗顔をやっていないから。効果的な洗顔を見つける方法は、まず自分で試すことです。

でも短期間試すのでは、本当に効果的かどうかはわかりません。

治るサインとして一時的にニキビが悪化することもあります。それを見極めるには、とりあえず3ヶ月試してから、肌の状態で判断しましょう。

自分の肌の声にしっかり耳を傾けるのが、ニキビを治す一番の近道ですよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 洗顔方法

Comments are closed.