> >

把握してから買おう。ニキビ化粧水に含まれる成分のデメリット



ニキビ用の化粧水に含まれる成分で、ニキビに効果的な成分がいくつかあります。ニキビに効果的と言われていますが、実はその裏にデメリットがひそんでいます。
把握してから買おう。ニキビ化粧水に含まれる成分のデメリット
ここではニキビを治したい人のための、ニキビ化粧水に含まれる4大成分のデメリットをまとめました。


グリチルリチン酸ジカリウム

グリチルリチン酸ジカリウムは、炎症を防ぐ作用があり、ニキビ用の化粧水や皮膚科の治療薬に使われています。

副作用が懸念され、化粧水に含まれているのはごく少量です。
でも血行不良が原因で、人によってはニキビが悪化してしまうことがあります。


サリチル酸

サリチル酸には、ピーリング作用、殺菌作用、炎症などだけでなく、肌荒れやくすみを防ぐ作用があります。皮膚科のピーリングやピーリングせっけん、ニキビ化粧品に含まれています。

ただサリチル酸のピーリング作用は強力なので、炎症を悪化させたり、ニキビを悪化させてしまうことがあります。

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体は、皮脂の過剰分泌を防いだり、毛穴を引き締めます。また抗酸化作用があるので、ニキビのモトになる活性酸素を防ぐ作用があります。市販のニキビ化粧品やクリニックの化粧品などに含まれ、改善が期待できます。

ビタミンC誘導体は、厚生労働省に認可されている成分なので安心です。ただ水溶性ビタミンC誘導体は、濃度が高くなればなるほど、肌を乾燥させる作用があります。乾燥はニキビの原因になるので、保湿をしっかりやりましょう。

イオウ

イオウは、アクネ菌を殺菌する作用、古い角質を除去する作用、炎症を防ぐ作用があります。特にイオウは、古い角質を取り除く作用が注目され、ニキビ用せっけんや洗顔料に多く含まれています。

ただイオウは、炎症を引き起こしたり、かゆくなったり、肌を強力に乾燥させる作用があります。乾燥によるニキビを悪化させてしまうことがあります。



化粧水も薬も、メリットがあればデメリットもあります。

使ってみて自分に合わないのなら、ニキビを改善するのは難しくなるので、使用を控えましょう。

ピーリング作用のあるものは、ニキビの部分にだけ使うなどの工夫をして、様子を見るのも方法のひとつです。

ニキビ化粧品選びの参考になさってくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.