> >

おでこのニキビの様々な原因と適切な対策



皮脂分泌の多いTゾーン、とりわけおでこはニキビができやすい場所です。
おでこのニキビの様々な原因と適切な対策
ニキビができる大きな原因は、過剰な皮脂分泌による毛穴詰まり、メイクや汚れによる毛穴詰まりです。

特に思春期には、成長ホルモンと男性ホルモンの分泌により、皮脂の分泌量も増えます。
それが毛穴に詰まり、なおかつ外部からの汚れが付着すると、初期段階である白ニキビがみるみるうちに成長し、最終的には赤ニキビや黄ニキビなど、炎症を起こした状態にまで進行してしまうことがあります。

思春期の時期には、洗顔を行ってもすぐに皮脂によるベタつきを感じることもあるのではないかと思いますが、このときにがむしゃらに洗顔を行うことはオススメできません。

というのは、過剰な洗顔はさらなる皮脂分泌を促すばかりではなく、うっかり力が入ってしまうとニキビに刺激が加わり、悪化してしまうことがあるからです。

思春期の時期はどうしてもホルモンが身体に大きな影響を与えます。

あなたが現在10代で思春期を迎えているのであれば、過剰な洗顔を行わないよう、気をつけて下さい。

また、おでこのニキビは気になって触ってしまいがちですが、これもやめましょう。
気になって触り続けると、手に付着した細菌によりニキビを悪化させる場合があります。
のちのちに傷跡を残さないためにも、ニキビが悪化しないうちに皮膚科で受診し、適切な処置を受けるとともに、内服薬や塗り薬の処方を受けましょう。

思春期のニキビは、ホルモン分泌の安定とともに、自然に少なくなることが多いものですが、厄介なのは大人のおでこニキビです。

大人のおでこニキビは、少ない数のポツポツができるのではなく、いきなり大量のポツポツが現れることが多いという特徴を持っています。

大人のおでこニキビのいちばんの原因は「ホルモンバランスの崩れ」、「胃腸の不調」、「髪の汚れの付着」、「シャンプー、トリートメントの洗い流し残し」です。


ホルモンバランスの崩れ

これは日々のストレス、生理や生理周期の乱れ、閉経、妊娠など原因として挙げられます。

ストレス

ストレスが多い生活を送っていると、体内の保湿成分が減少し、血流を悪くすることがあります。また、男性ホルモンと似た働きをする女性ホルモンの一種である「黄体ホルモン(プロゲステロン)」の分泌が増えるために、皮脂の分泌が多くなり、毛穴を詰まらせる原因となります。

また、睡眠不足とストレスは隣り合わせであるともいえ、睡眠不足が続きなんとなく不機嫌な自分を感じたのであれば、それは間違いなくストレスの入り口、あるいはストレスの中に入り込んでしまっています。

そのようなときには、ひとまず寝ること。

十分な睡眠をとることにより頭の中はスッキリし、たとえストレスの中に入り込んでしまっていても、それを解決する策が簡単に見つかったりすることもあるものです。


生理周期の乱れ、閉経、妊娠

このどれもが、黄体ホルモンの分泌を活発にさせるものであり、おでこのニキビができやすくなります。

たとえば、閉経後に突然髪が細くなりパサつきが目立ってくる、性格が男性的になるなどの変化が現れる女性がいらっしゃいます。

これは女性らしさをつかさどる「卵胞ホルモン(エストロゲン)」の分泌が弱まり、反対に黄体ホルモンの分泌が活発になることが原因となっています。

これの対策としては、お風呂でゆっくりと身体を温めたあとにリンパマッサージを行うことが有効です。

リンパマッサージには、リンパの流れをよくするだけではなく、血行の促進やリラックスに関しても大きな効果を期待することができます。

それにより、ホルモンバランスの崩れも緩和することができます。これは、生理不順にも効果的です。

また、生理中や妊娠中にもホルモンバランスが崩れますが、この場合では一過性のものであり、特に神経質になる必要はありません。

この時期にはなるべく精神を落ち着かせ、ゆったりと過ごす気持ちが大切です。


胃腸の不調

普段健康体の方であっても、365日完全な健康体でいることは難しいのでではないでしょうか?

特に年末年始、忘年会や新年会のようなお付き合いが多くなる時期になると、突然おでこにポッコリとした吹き出物ができることがあるという方も多いのではないかと思います。
これは、明らかに暴飲暴食や過度のアルコール摂取による内臓の疲れが原因となっています。

忘年会に続き、お正月休み。お正月の食べ過ぎによる内臓の疲れが回復する間もなく、年明けからは新年会のオンパレード。

これでは内臓が参ってしまいます。
とはいえ、お付き合いであればしかたがないこともあるでしょう。

そのようなときには、お付き合いがひと段落したところを見計らって、「週末プチ断食」を行ってみてはいかがでしょうか?

断食と聞くと大げさなイメージをお持ちの方も少なくはないと思いますが、堅苦しく考える必要はありません。

週末プチ断食は3日間をかけて行うことが理想的ではありますが、断食に慣れていない方の場合、たとえ1日であっても固形物の摂取ができない状態には耐えられないこともあるでしょう。

それならばまず、「半日断食」から慣れることです。
半日断食の方法はとても簡単。

前日の夕食後から18時間のインターバルを置いて、次の食事を摂取します。

ただし、その際の食事はおかゆやヨーグルトなど、消化がよく低カロリーの食品の摂取に留めておきましょう。

プチ断食にはデトックス効果も期待することができ、内臓を休めるためには絶好の方法です。

ちょっと辛いかもしれませんが、突然おでこに吹き出物が現れたのであれば、プチ断食もひとつの解決策であるということを知っておいて下さいね。

ですが、吹き出物がいつまでも改善されなかったり、プチ断食を行っても逆に増えてしまったりするようであれば、それは重大な内臓疾患が原因である可能性も否めません。

直ちに内科で診察を受け、適切な処置を行ってもらいましょう。

また、長時間お手洗いを我慢してしまったがために起こる膀胱炎でも、おでこの吹き出物が現れることがあります。

これもまた、直ちに内科で診察を受けるとともに、経口薬の投与が必要となります。


髪の汚れの付着

自分は毎日シャンプーしているから大丈夫。
そう丘考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ところが、いくらお部屋の中を清潔にしていても、そこには目に見えないミクロ単位のほこりの存在があります。

また、一歩外に出れば外気中に含まれている汚れや汚染物質が髪に付着します。
そのような汚れも、おでこのニキビや吹き出物の原因になります。

おでこを出すことを嫌う方もいらっしゃいますが、ニキビや吹き出物ができてしまった場合には、ひとまず前髪がおでこに付かないよう、ヘアピンやバックルで止める、カチューシャなどで前髪が前に落ちてこないようにするなどの工夫を行う必要があります。


シャンプーやトリートメントなどの洗い流し残し

これは案外盲点です。
シャンプーやトリートメントは、本来髪の清潔さや健康を保つために使用されますが、その中には化学薬品が含まれていることを忘れてはいけません。

特にトリートメント剤には多少なりとも油分やシリコン成分が含まれていることが多いものです。

そしてそれらの成分は毛穴をふさぎ、ニキビや吹き出物の原因となることもあります。

近年、オーガニックコスメの台頭によりノンシリコン製品も多く出回っていますが、たとえ髪に必要な成分であってもお肌にとっては不必要、それどころか迷惑な成分であることもあるということを知り、シャンプーやトリートメントは確実に洗い流し、おでこへの付着をなくしましょう。

また、大人のニキビも思春期のニキビと同様、気になって触り続けると炎症を起こし、悪化することがあります。

ニキビや吹き出物には触らないこと。
さらに上記の事柄に気をつけて、おでこのニキビをなくす努力を行ってみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: ニキビの原因

Comments are closed.