> >

白、黒、赤、黄ニキビの進行別対処法



ニキビには、見た目の色によって症状の段階をチェックすることが出来ます。
ニキビが悪化すれば、炎症が治まってからもニキビ跡に悩まされることになるため、できるだけ早い段階でケアするようにしましょう。
白、黒、赤、黄ニキビの進行別対処法

進行1:白ニキビ

肌にポツポツとした膨らみが見える「白ニキビ」は、ニキビの初期段階です。
白ニキビは、古い角質や洗顔で落としきれなかったファンデーションなどが、毛穴に蓄積して皮脂が詰まり、皮膚が膨らんだ状態となります。

白ニキビを見つけたら、刺激の少ない洗顔剤で洗い残しのないように優しく洗顔するようにしましょう。洗顔後には、しっかりと保湿ケアをすることで、比較的簡単に白ニキビを改善することが出来ます。


進行2:黒ニキビ

黒ニキビは、白ニキビが少し進行した状態です。毛穴に詰まった皮脂が空気にさらされ、酸化することによって黒く変化します。

空気中の雑菌によって症状が進行しやすい状態のため、洗顔時にゴシゴシと洗ったり、患部に指で触れないようにしましょう。

肌を清潔に保つことが重要なので、枕カバーやシーツといった寝具もキレイなものを使うように心がけて下さい。


進行3:赤ニキビ

赤ニキビは、いわゆる一般的にニキビの炎症と言われている状態です。
アクネ菌などの雑菌の繁殖によって患部が赤みを帯び、腫れ上がってきます。痛みやかゆみを伴うこともあり、無理に潰したりすれば色素沈着を引き起こし、ニキビ跡となるので注意が必要です。

赤ニキビを治すためには、毎日のスキンケアに加えて”生活習慣や食生活”の乱れを整え、バランスの良い食事と規則正しい生活習慣で、ニキビ肌改善のための努力をすることが必要です。

炎症が酷い場合にはニキビ専用の薬剤を使用し、ニキビ跡を作らないために色素沈着を防ぐ「ビタミンC」や、抗酸化作用のある「ビタミンE」が含まれた食品を積極的に摂取しましょう。これ以上悪化させないことが大切です。


進行4:黄ニキビ

赤ニキビの炎症が進めば化膿して”膿”が溜まった状態となります。
ここまで進行してしまうと、痛みも非常に強くなり、皮膚の奥にある真皮までダメージを受けてしまいます。

ニキビの炎症が治まったとしても、クレーター状の凸凹としたニキビ跡に悩まされることになりますので、黄ニキビになってしまったら、無理に自分で治そうとせずに、皮膚科で治療を受けましょう。

色々なニキビ用品を使用しても、症状がより深刻化するケースもあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.