> >

ニキビ跡の種類と改善方法



ニキビの炎症が悪化すると肌へのダメージが大きくなります。
そのため、ニキビの炎症が治ったとしても「ニキビ跡」に悩まされることになります。
ニキビ跡の種類と改善方法
ニキビ跡は治りにくいため、ニキビが悪化する前に炎症を治すか、ニキビ跡を作らないためのスキンケアを行うことが大切です。

しかし、ニキビ跡が出来てしまった場合には、症状に合わせて改善のためのスキンケアを行いましょう。ニキビ跡を治すためには、半年~1年以上かかるケースもありますので、なかなか改善しなくても諦めないことが肝心ですよ。


ニキビ跡の種類と対策方法

炎症の進行によって、ニキビ跡は様々な症状が現れます。


赤み

赤みのあるニキビ跡は、ニキビの炎症によって血液の流れが悪くなった状態です。

赤いニキビ跡を改善するためには、肌の新陳代謝を活性化させ、肌サイクルを正常にする必要があります。

肌サイクルを整えることで血液の流れが良くなり、新しい皮膚に生まれ変わるための再生能力が高まりますので、食生活や生活習慣を整えるようにしましょう。


紫、青み

紫色、または青みがかったようなニキビ跡は、赤みが酷くなってしまった状態となります。どこかに体をぶつけた時に青あざが出来ますが、ニキビの炎症によってダメージを受けてしまった肌の内側では毛細血管が破壊されてしまうため、青みがかったニキビ跡となってしまうのです。

しかし、紫や青みを帯びたニキビ跡も、赤みを帯びたニキビ跡と同じように、肌サイクルを活性化させることで改善することが出来ます。


茶色、黒

茶色や黒っぽくシミのようなニキビ跡になってしまった方は、ニキビの炎症によって活性酸素が増え、過剰なメラニンが増殖した事による「色素沈着」を引き起こした状態となります。

紫外線や摩擦によって色素沈着は進んでしまいますので、刺激のある洗顔を避けてUVケアを習慣化させましょう。

また、色素沈着を防ぐためにビタミンCを積極的に摂取するようにすると効果的です。


凸凹としたクレーター

凸凹としたクレーター状のニキビ跡は、肌ダメージが深く、皮膚の奥にある真皮部分が破壊された状態となります。

皮膚の表皮部分は、ターンオーバーによる肌サイクルによって、新しい皮膚に生まれ変わるための再生能力がありますが、真皮部分がダメージを受けてしまうと元に戻すことが難しくなります。

皮膚科や美容クリニックでは、クレーターニキビ跡を改善するためのレーザー治療などを行っていますので、専門的な治療を行うようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: ニキビ跡

Comments are closed.