> >

治りづらく跡になりやすい大人にきび



”ニキビは青春のシンボル”なんて言葉もありますが、10代の頃に出来る「思春期ニキビ」と、20歳以降に出来る「大人ニキビ」は、原因が異なるケースが多いのをご存じですか?
治りづらく跡になりやすい大人にきび

思春期ニキビと大人ニキビの違いとは?

思春期ニキビは、中学生前後に出来るニキビの事です。
成長ホルモンが盛んになり、皮脂が過剰に分泌することでニキビが出来やすくなります。

そのため、成長期が落ち着く10代後半以降は、自然とニキビ肌が落ち着く方が多いのですが、20歳を過ぎてもなかなかニキビ肌が改善しない場合には、食生活や生活習慣の乱れが大きく関わっていますので、自然に治癒することが難しい状態にあります。

ただし、思春期ニキビの場合も食べ盛りの年頃とはいえ、スナック菓子や肉類中心の食事を続けていることで、糖質・脂質の摂りすぎがニキビを悪化させる原因となっていることもあるので気を付けましょう。


どうして出来る?大人ニキビの原因と対策方法

大人ニキビは、複数の原因が絡み合っていることが多く、炎症が悪化しニキビ跡として残ることもあるので早めのケアが大切です。

食生活や生活習慣に加えて、ストレスや過度な飲酒や喫煙などによって、お肌のターンオーバー機能が乱れてしまうと、ニキビが出来やすい肌となってしまいます。

また、30代以降は代謝が低下してしまうため、若い頃は健康的な肌だった方でも、年齢を重ねてから大人ニキビに悩まされることもよくあります。

大人ニキビを改善するためには、原因となる要素を取り除いてターンオーバー機能を正常にし、肌が生まれ変わるための代謝を上げることが重要です。


出来る事から始めよう!大人ニキビの治し方

慢性的な睡眠不足やストレスを抱えている方は、当然リフレッシュをして休息をきちんと取ることが大切ですが、仕事や育児などが忙しく、生活習慣を変えることが難しい方もいますよね。

こうした方は、生活スタイルを無理に変えることがストレスになってしまう事もあるので、傷ついた肌を修復する働きを持つビタミンAや、色素沈着によるニキビ跡を防ぐビタミンCなど、ニキビに効果的な栄養素を食事やサプリメントから補うようにしましょう。

そして、毎日のスキンケアでは、丁寧な洗顔と保湿をたっぷりと行うようにして下さい。
大人ニキビを改善するためには継続することが肝心なので、自分に出来ることから始めてみて下さい。

そして、時間に余裕がある時はゆっくりと入浴したり、適度な運動でリフレッシュをしてキレイな肌を取り戻しましょう。ただし、すでに炎症が酷い方は、無理をせず早めに病院で診察を受けて下さいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 大人ニキビ

Comments are closed.