> >

食生活を改善してニキビを治そう!効果のある食べ物はコレ



ニキビ肌を改善&予防するためには、食生活を改善することが効果的です!
乱れた食生活はニキビだけではなく、糖尿病やメタボリックシンドロームなどの成人病を引き起こす原因にもなりますので、美味しく食べて健康的な肌を目指しましょう。
食生活を改善してニキビを治そう!効果のある食べ物はコレ

ニキビに効果があるのはビタミンCだけではない!

ニキビには、皮脂分泌の過剰を抑える「ビタミンC」の摂取が有効であることには違いありません。しかし、ビタミンC以外にも効果的な栄養素は沢山あるのをご存じですか?
ニキビを治すために効果的な栄養素をまとめてみました。


ビタミンA

まず、ビタミンCに次いでニキビなどの肌荒れが起きた時に、積極的に摂りたいのがビタミンAです。

ビタミンAは、ニンジンやほうれん草など、緑黄色野菜と呼ばれる食品にたっぷりと含まれています。ビタミンAが不足してしまうと、免疫力を低下させますので、ニキビの原因菌であるアクネ菌の増殖を防ぐことが出来ません。

ビタミンAを摂ることで、免疫力を高めながら、ダメージを受けた肌の回復にも働きかけますが、ビタミンAはサプリメントでは過剰摂取してしまう事もあるので、食品から補うようにしましょう。


ビタミンE

若返り成分とも言われているビタミンEには、「抗酸化作用」があるため、ニキビの炎症による過剰なメラニンの生成を抑えます。
また、血液の流れを良くする効果もあるので、お肌のターンオーバー機能も促進してくれます。

ニキビ肌はもちろんの事ながら、ニキビ跡の予防にも効果がありますので、レバー、かつお、アーモンド等のナッツ類に含まれているビタミンEを摂りましょう。


ビタミンB2

ビタミンB2は、余分な脂質の代謝を促す効果があります。
過剰に分泌される皮脂のコントロールを正常にする働きがありますので、ニキビ肌改善に必要な栄養素です。

うなぎ、納豆、チーズ、のり、モツといった食品にビタミンB2は含まれていますが、水溶性のビタミンになりますので、一度に摂取するのではなくこまめに摂るのがポイントです。食品からの摂取が難しい場合には、サプリメントを活用させましょう。


ミネラル

カルシウムやマグネシウム等のミネラル成分は、ホルモンバランスを整える役割や、新陳代謝を促進する働きを持っています。

ミネラルが不足してしまうと、古い角質が蓄積してなかなかニキビ肌を改善することが出来ません。新しい健康的な皮膚を作るためには、ミネラルは欠かすことが出来ない栄養素になりますので、魚介類、大豆製品、卵、レバーなどを摂るようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 食べ物・栄養素

Comments are closed.