> >

大人ニキビができた時のメークの注意は?



不覚にも大人ニキビができてしまったら、メークはどうしよう・・って思いますよね。
してもいいの?隠しても大丈夫?などなど、大人ニキビの時のメークの注意点をご説明します。
大人ニキビができた時のメークの注意は?


ニキビの時のメークのタブー

ニキビの時は油分を多く含むクリームタイプのファンデーションやメーク下地の使用に注意しましょう。

皮脂と同じ油分を多く含むので、毛穴に入り込むとアクネ菌が好んで繁殖し、炎症をもたらすからです。

その部分を避けて使用することや、固形のファンデーションを使用することをおすすめします。

また、ニキビができているのにファンデーションをつけっぱなしで長時間いると、皮脂が酸化して過酸化脂質となり、ニキビの箇所を含めて肌を刺激します。

この刺激でニキビの炎症が悪化しないように気を付ける必要があります。

あぶら取り紙で余計な皮脂をこまめに取り除いたり、夜はファンデーションをクレンジングできちんと落としましょう。

パフやメークブラシなどが汚れていると、ニキビを悪化させます。
専用クリーナーできちんと洗った清潔なものを使いましょう。

メークブラシの毛先や固めのパフはニキビを刺激することもありますので、肌あたりの優しいものを使用するなどの配慮をしましょう。


ニキビの時のメーク

ファンデーションは使用するなら、固形か粉タイプにして、清潔なパフを使用しましょう。

固形状のファンデーションは粉体に皮脂を吸収する力も持ちますので、余分な皮脂を吸収できることもメリットです。

最近のファンデーションは進化しており、毛穴をふさぐものではありません。
メークをした後はしっかりクレンジングをすればニキビ中でも問題ありません。

また、成分的に表示指定成分や色素などが肌の刺激になってニキビを悪化させることもあります。
ミネラル成分だけでできているファンデーションはオイル分を含まないものがあるので、ニキビのできているときにはおすすめのファンデーションです。

オンリーミネラル、エトヴォスなどは、防腐剤不使用で肌に優しい成分で出ているので安心です。

コンシーラーを使ってカバしたい時も、ニキビ用の抗炎症成分の配合されたコンシーラーもあり、効果的です。

DHCやオルビス、NOVなどでは、ニキビの時でも使用できる成分配合で、敏感な肌にも優しいコンシーラーが発売されています。

オンリーミネラルやエトヴォスでは、ニキビの時でも使用できるオイルカットのコンシーラーもありますのでチェックしてみてください。

炎症や化膿しているニキビは基本的には刺激しないで、軟膏などを塗って安静にしておきたい部分です。

しかし、仕事や外出などでメークをしたい場合も、このような点に注意してメークして、きちんとメークをクレンジングで落とすことを心がけましょう。

以下のページでもっと詳しく大人ニキビに最適なスキンケアやファンデーションの使い方など詳しく掲載されています。
>>しつこい大人ニキビ!内側と外側ケアで徹底解決
大人ニキビ以外の情報も詳しく掲載されていますのでおすすめですよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 大人ニキビ

Comments are closed.