> >

おでこにニキビができたときのメーク、おすすめアイテム



おでこにニキビができると、人目が気になってしまいますよね。
顔の中で、たいらで何もない部分なので、ひとつできても目立ってしまうおでこのニキビ。
メークをしたらさらに悪化させてしまいそうで怖いですよね。
けれど、赤みは隠したい!そんな時のメークの方法やおすすめアイテムを紹介します。
おでこにニキビができたときのメーク、おすすめアイテム

おでこニキビのメークの注意点とは?

おでこは表情の変化に合わせて動きやすく、汗や皮脂の分泌が多いため、メーク崩れをしやすい部分です。

ファンデーションも崩れやすく、おでこのニキビもすぐにあらわになってしまいます。
そんな時に活躍するのが、クリームタイプのコンシーラー。

ピタッと密着して崩れにくいのが特徴です。

ニキビにコンシーラーを使って良いの?と心配する人も多いと思いますが、今は、ニキビケア成分の配合されたコンシーラーがあるので大丈夫。

ケアもできて、カバーもできる優れものなのです。

使い方のポイントは、コンシーラーをたっぷり付け過ぎないことがポイントです。

カバー力が厚くなると、光が透過しないため暗くなり、逆にカバーしていることが目立ってしまいます。

ニキビの部分に軽くのせたら、まわりをぼかすように馴染ませればOKです。

朝はベースメークをした後に、コンシーラーをつけて、その上からパウダーファンデーションを軽くのせるだけでOKです。

ランチ後にメーク直しをする時には、メークの上からでも使用できるアクネ用ジェルやクリームもあるので便利ですし、時間があれば、軽くニキビ周りのメークをオフしてから、アクネ用ジェルを塗って、コンシーラーをして、軽くフェイスパウダーをつけるだけで、自然なカバーが維持できますよ。


ニキビ用メークアイテムおすすめ

ニキビの時のメークアイテムは成分的にも優しいものが安心ですね。
おすすめはオンリーミネラルの薬用コンシーラー アクネプロテクターです。

オンリーミネラルは肌に優しいミネラル成分100%でできているため、使うほど肌がキレイになるメーク。

アクネプロテクターはニキビを隠しながら、イオウや酸化亜鉛という有効成分がニキビに働きかけてケアしてくれるコンシーラーです。

しかも抗菌タイプのコンシーラーブラシもあって、清潔にメークすることができて、ニキビを悪化させないことをきちんと考えてくれているのがうれしいですね。

また、資生堂 dプログラムの薬用スポッツソリューションや、オルビスの薬用アクネスポッツコンシーラーもおすすめです。

有効成分のイオウやグリチルリチン酸ジカリウムなどの有効成分がニキビをケアしながら、赤みや色ムラを補正してカバーしてくれます。

ニキビが良くできてしまう人は、このようなメークのレスキューアイテムを持っていると安心です。

ニキビ中でもメークをしても大丈夫なのですが、やはり夜にはきちんとクレンジングをして清潔な肌に戻してください。

早く治すためには、スキンケアプラス、薬用のクリームや軟膏を使って早めにケアしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.