> >

荒療治!お金をかけずに背中ニキビを治した体験談



自分じゃ見えないからこそ不安になる背中ニキビ。
どうしてニキビができるのでしょうか?
スキンケアで治るものなのでしょうか?

わたしは、ある方法で背中ニキビを治しました。
体験談を交えてご紹介しますね。

荒療治!お金をかけずに背中ニキビを治した体験談


背中ニキビの原因はふたつでした

背中ニキビが増えたな~と感じたのは、髪の長さが肩よりも長くなった頃でした。

シャンプー・トリートメントが背中にかからないように気をつけていたのですが、やっぱり100%つかないというのは無理なようで、これらの洗浄剤がニキビを増やす原因になっていたようです。

そして、シャンプー・トリートメントの付着をしっかり洗い流したくて、いつも以上にこするように身体を洗っていました。

背中ニキビの原因も詰まった皮脂によるもので、洗えば皮脂はなくなると思っていたのです。

これがさらなる悲劇を生むことに。

洗浄剤の付着と過剰に身体を洗ったことが、ニキビの原因になっていたわけです。


何を使ってもダメなら使うのをやめてしまえ!

この頃のわたしは、当然のように洗浄剤ジプシーを行っていました。

天然成分から作られたシャンプー、アミノ酸シャンプー、石けんシャンプーなど、ありとあらゆるシャンプーを手当たり次第試しました。

ボディソープも同じくです。固形の純石けんやオリーブオイル石けんも試しました。
ちょっと高価な顔用の石けんを身体に使うこともありました。

背中ニキビはちょっとマシになったけど、完全にできないということは無い…。
出口の無い迷路の中にたったひとりでいるようでかなり辛い時期でした。

そんなときに思ったのが、何を使ってもダメなら使うのをやめてしまえ!!でした。
自分の中の何かがプツーンとキレたのです。


意外と多い、泡無し生活人口

タモリさんや福山雅治さんが、ボディソープなどを使わない生活をしていることは今では有名ですよね。

ネットで調べてみると、洗浄剤を一切使わずに生活している人が想像以上に多いことがわかりました。

洗浄剤無しで日々の汚れが落ちるのか不安だったのですが、藁にもすがる思いだったので、試してみることに。

結果的に、これがわたしの体質に合っていたようで、数日で背中ニキビも腕のザラザラもフェイスラインのプツプツも見事になくなりました。


泡無し生活をはじめるなら、スタートが肝心

石けん類を使わずに身体を洗うことは全く難しくないのですが、シャンプー・トリートメントを使わずに頭皮のベタつきを落とすには、道具と工夫が必要なので、これらをしっかり実践しないと続けることは難しいと思います。

正しく行わないと逆に洗わなさすぎの状態になって、自分のニオイや汚れ落ちが不安になりますので、泡無し生活を実践するなら、専門書や実践されている方の体験談を読んでから行うことをオススメします。


ニオったりしないの?

洗浄剤レスの生活を始めるに当たって気になっていた自分のニオイですが、いざやってみると想像していたほど気になりませんでした。

真夏の汗をかきやすい時期に家族にも聞いてみたのですが、普通にシャンプー・トリートメント、ボディソープを使っていた頃と変わらないそうです。

香りをまといたいときは、エッセンシャルオイルで作った練り香水などを使うようにしています。



今思うとかなりの荒療治ですが、思い切ったことで背中ニキビから解放されましたし、その他の恩恵もありました。

泡立ちをオススメするわけではありませんが、まずはシャンプーを2日に1回にしてみるなど、洗い過ぎない生活を実践してみてはいかがでしょうか?

界面活性剤を使っていない洗浄剤を使うだけでも肌は喜びますよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.