> >

にきび用のスキンケアは危険?思春期ニキビの治し方



子供から大人に成長する時期に起こるホルモンバランスの乱れ。
それが思春期ニキビの原因と言われています。

では、わたしたちはホルモンバランスが落ち着くまでニキビに悩まされるしかないのでしょうか?
asfafsq


ホルモンバランスと思春期ニキビの関係

ホルモンバランスの乱れがなぜニキビに繋がるのかというと、結局のところは皮脂の分泌量が増えるからなのです。

増えた皮脂の排出が追いつかずに毛穴の中に詰まることによって毛穴が炎症します。これがニキビ。

最初はポチッとした白ニキビですが、どんどん湧き出てくる皮脂によって白ニキビは黒ニキビへ、そして赤ニキビ、黄色ニキビに変化します。

ニキビの周辺は皮膚が大きなダメージを受けているので、やっと治った!と思っていたニキビの周辺に新たなにきびが生まれてしまうこともよくあることです。

ホルモンバランスが落ち着くまでの間をどうしのぐか?これが思春期ニキビ対策の大きな課題です。


思春期ニキビを防ぐには

結論から言うと、ホルモンバランスが落ち着くまでの間は、なるべくニキビケアを謳う製品には手を出さないで下さい。

コマーシャルやネットで「思春期ニキビに効果的!」「これでニキビに悩まされなくなりました」などの口コミを見ると、試してみたくなりますよね。

これらの製品が悪いわけではないのですが、1度使い始めると永遠に使わないと肌がダメになるような錯覚を覚えてしまうのです。

思春期ニキビの原因はホルモンバランスが乱れていることでしたよね?

今、あなたの身体は一生懸命大人になろうと頑張っています。そんな時期に、外からアレコレ手を加えてしまうと、身体は混乱します。

ニキビケア製品の多くは、皮脂を取るような作りになっているので、使うとサッパリします。

肌がサッパリしてしまうことで、身体は「あれれ?もっと皮脂を出さないと!」と余計に張りきって多くの皮脂を出してしまいます。

過剰になった皮脂を取り除くために、ニキビケア製品を使わないと追いつかない!ということに。

1度にきびケア製品を使ってしまうと、このスパイラルにハマることになります。


一時的な使用ならOKですが・・・

思春期ニキビの時期だけだから・・・と思っていても、愛用のスキンケアを絶つのはとても大変なことです。

そのスキンケアをやめてしまったら皮脂量は一時的にドバッと増えることになりますから!

沢山のスキンケアアイテムを使って肌をいたわることを徹底している人ほど、肌本来の力を失っていると言うお医者様もいます。

思春期ニキビは、ホルモンバランスが落ち着くことで自然と解消されます。

洗顔は洗浄力の強すぎないもの(ぬるま湯でしっかり洗うだけでもOK)で、保湿は適度に行うだけで、肌が落ち着くのを待ちましょう。

ニキビができている肌は、刺激に敏感になっています。

弱った肌に、合わないスキンケア剤を使ってしまうとかぶれや炎症を起こすこともありますよ。

こうなってしまうと、次に待っているのは敏感肌!

もし周りの皆が化粧水や乳液でスキンケアをしていても、あなたにとってそれらが必要なものとは限りません。

今しかない時期だからこそ、肌をいたわって下さいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.