> >

白、黒、赤、黄色ニキビ。原因と対策は種類によって違う



わたしたちが「ニキビ」と呼んでいるモノには、大きくわけて4つの種類があります。
それぞれ、できる原因や対処法が異なりますので、ご自分が悩んでいるニキビがどれに当てはまるのかチェックしてみて下さいね。

今回ご紹介しているニキビ症状は、生活習慣が原因で起こるものに限定しています。
ステロイドによるニキビなど特定の外的要因があるものは除きます。

白、黒、赤、黄色ニキビ。原因と対策は種類によって違う


白にきびは比較的治しやすい

できやすい場所:アゴ、口周辺、こめかみ・おでこ(髪が触れる部分)

全てのにきびのモトとなる白にきび。
白ニキビと言われますが、膿を内包している白っぽいニキビのことではありません。

皮膚がそのままプツプツッと盛り上がったような感じのニキビで、ひとつだけポツンとできることは少なく密集して複数できるのが特徴です。

「皮脂の詰まり」「汚れを落としきれていない」など、「毛穴の詰まり」が原因で起こるので、肌表面の汚れをきちんと落とすことを習慣にできれば比較的治りが早いです。

ただ、早く治そうと思って洗顔フォームを使いすぎると皮脂が取れすぎてしまい、身体が頑張ってまた過剰な皮脂が出てしまいます。

顔を洗うのは朝と夜だけにしておいて、日中はなるべく顔に触らないようにしましょう。
アブラが気になったら油取り紙ではなくティッシュオフで。


黒にきびは白ニキビの第2形態

できやすい場所:アゴ、口周辺、こめかみ・おでこ、小鼻周り

黒ニキビがある日突然できてしまうことはありません。

白ニキビは毛穴が詰まった状態で起こるものですが、黒ニキビは酸化した皮脂汚れなどが開いた毛穴に詰まった状態。白ニキビの悪化版なのです。黒く見えるのは酸化した皮脂汚れが黒っぽいから。

治し方は白ニキビ同様に洗い過ぎない洗顔です。
白ニキビ防止に努めることが黒ニキビ防止にもなるはずです。


赤ニキビができたら要注意

赤ニキビも、基本となっているのは白ニキビですが、赤ニキビに発展させて治りを遅くしてしまうのが「アクネ菌」です。

アクネ菌という言葉、聞いたことありますよね?

赤ニキビになってしまっても、頬やアゴなどにポツンとひとつだけの状態なら、「触らない・正しい洗顔・適度な保湿」で比較的簡単に治すことができます。

ただ、増えてしまったら要注意。肌が「ニキビ肌」になりつつある証拠です。

ニキビ肌とは、皮脂を養分にしたアクネ菌が爆発的に増殖している状態のお肌のこと。
治ったと思ったらまた赤ニキビに…という症状を繰り返すことになります。

多くのニキビ肌向けスキンケアは、この状態をしっかりリセットしましょうという考えの下に作られています。

赤ニキビになると、正しい洗顔だけで治すのは難しくなります。

赤ニキビが治らないことによるストレスで、ますます悪化することもありますので、炎症を繰り返す場合は皮膚科の受診も検討しましょう。


最もタチが悪いのが黄色ニキビ

赤ニキビの進化形で、ニキビが黄色く見える原因は膿です。膿の正体はアクネ菌と戦った細胞の残骸たち。

黄色ニキビを予防するには

★アクネ菌の増殖を防ぐ
★赤ニキビを速やかに治す

などが有効。膿んでしまうほどに悪化させないようにするしか有効な方法は無いのです。

ムズムズと痛痒く、つい指先で触れたくなりますが触れると確実に悪化しますので、絶対に触れないで下さいね。髪が当たらないような工夫も必要です。

黄色にきびは炎症が進んでしまった状態なので、できてしまったら自然治癒を待ちましょう。

潰したらクレーター状になります。


ニキビ予防・改善に大事なのが洗顔

にきびを作らない悪化させないための洗顔方法は、ネットで山ほど情報を手に入れることができるのでここでは割愛しますが、やり過ぎないことも大切です。
過剰なスキンケアはニキビ肌の原因のひとつです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.