> >

ニキビ跡「炎症後色素沈着」



1つできるだけで憂鬱な気分になるニキビ。

しかもニキビが治った後も「ニキビ跡」として跡が残ってしまうことも多いからやっかいです。

ニキビ跡をできるだけ早く治す方法についてご紹介します。
ニキビ跡「炎症後色素沈着」

そもそも、このニキビ跡、なぜできてしまうのでしょうか?
原因は、ニキビの炎症です。

炎症後色素沈着

ニキビにより肌に炎症が起きてしまうと、その炎症が起きている部分で、シミのもととなるメラニンが過剰に作られてしまい、それがシミになってしまうのです。

そう、ニキビ跡とはシミの一種で、難しく言うと「炎症後色素沈着」とも呼ばれます。

炎症後に起こる色素沈着・・・まさに名前の通りですね。

ニキビ跡を作らせないためには、できるだけ炎症を起こさないことが大切になりますが、できてしまったニキビ跡をできるだけ早く治すにはどうしたらいいのでしょうか?


肌のターンオーバーを促す

大切なのは、肌のターンオーバーを促すことです。

私たちの肌は通常28日周期で生まれ変わります。

肌の奥で作られた肌細胞がどんどん表面に上がっていって、最後に剥がれ落ちるようなイメージです。

肌内のメラニンも、通常はこのターンオーバーによって肌の外に排出されます。

しかし、加齢やストレスなどによりターンオーバーが乱れてしまうと、メラニンが排出されずに肌内に残ってしまい、シミになってしまいます。

年齢とともにニキビ跡が残りやすくなるのは、このためです。


角質ケアが効果的

ターンオーバーを促すために具体的にどんなケアをしたらいいかというと、スクラブやピーリングなどの角質ケアが効果的です。

ターンオーバーが乱れた肌は、不要な角質が肌表面に溜まって、肌がゴワゴワと固く、厚くなった状態です。

この不要な角質を取り除いてあげることで、正常なターンオーバーのリズムを取り戻します。

また、ゴワゴワと厚くなった肌には化粧品が浸透しにくく、お手入れしても効きにくいという悪循環な状態ですので、それを改善することもできます。

無理なスクラブやピーリングは肌を傷める原因になりますので、マイルドなものを選びましょう。

乾燥肌や敏感肌の人は、スクラブに洗顔料を混ぜて使う方法がおすすめです。

やり方は簡単。

泡立てた洗顔料に、スクラブを少量混ぜます。そのままいつも通り洗顔するだけです。

泡がクッションになるので、スクラブだけで使うよりも、肌あたりがやわらかになります。

また、ニキビ跡はシミの一種なので、美白化粧品を使ったケアも効果的です。

美白化粧品には大きく分けて、「シミに働くもの」と「くすみに働くもの」がありますが、ニキビ跡の改善には前者を選んだ方がいいでしょう。

角質ケアと美白ケアで、ニキビ跡を早く治しましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: ニキビ跡

Comments are closed.