> >

「落とすケア」ニキビ肌に気をつけたい洗顔のポイント



ニキビケアの中でも、最も重要なプロセスの1つが洗顔です。ニキビは、毛穴に皮脂が詰まってできてしまいます。
さらに、ニキビができている部分の角質は厚く、固くなってしまっています。

そのため、余分な皮脂や角質を取り去る、いわゆる「落とすケア」が重要になるのです。
この落とすケアの代表が、洗顔です。

ニキビができているときに気をつけたい、洗顔のポイントについてご紹介します。
「落とすケア」ニキビ肌に気をつけたい洗顔のポイント

洗顔の前に手を石けんで洗う

まず、「洗顔の前に手を石けんで洗うこと」です。
意外と手のひらは汚れているものです。

その汚れたままの手で洗顔しても汚れを顔に広げることになりますし、もし手に油分がついていたら、その影響で洗顔料の泡立ちが悪くなってしまいます。

「一生懸命泡立てているのに、うまく泡立たない」という方は、もしかしたら手が汚れているのが原因かもしれません。


弾力のある泡をたっぷりと作る

次に「弾力のある泡をたっぷりと作ること」です。これは洗顔の基本ともいえるポイントで、最近は洗顔料のCMなどでも、泡立ちを売りにしたものが多いので、心がけている方も多いと思います。

しかし、ここに落とし穴が1つあります。

泡の量

それは、泡の量を重視するあまり、洗顔料の量を必要以上に多く使ってしまうことです。
パッケージを見ると大体書いてありますが、洗顔料には使用量の目安があります。

それ以上の量を使ってしまうと、洗浄力が必要以上に高くなり、肌にとって刺激になったり、皮脂を取りすぎてしまったりと逆効果です。

使用量はきちんと守るようにしましょう。

泡立てネット

量を減らすとうまく泡立たないという場合は、泡立てネットを使うと便利です。

もし泡立てネットを使う場合は、使い終わった後にきちんと水を切って保管しましょう。
濡れたままにしておくと雑菌が繁殖してしまいます。


ぬるめのお湯で洗う

最後に、「ぬるめのお湯で洗うこと」です。

これは特に、お風呂で洗顔をするときに注意が必要です。

湯船に張ったお湯をそのまま洗顔に使うと熱すぎてしまいます。

湯船のお湯は大体38~42℃程度ですが、洗顔に適した温度は36℃前後だからです。

また、シャワーをそのまま顔に当てるのもNGです。

シャワーの水圧が刺激になってしまい、ニキビを悪化させる原因になります。

36℃前後というのは、かなりぬるく感じる温度ですので、湯船に張ったお湯に水を足すか、洗顔のときだけシャワーの温度を変えることを忘れないようにしてみてください。

以上が、ニキビができているときに気をつけたい洗顔のポイントです。
正しい洗顔でニキビを早く治したいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 洗顔方法

Comments are closed.