> >

口周り、あごニキビの原因まとめ



体調が悪いとき、決まってできるあごにキビ。
大人ニキビの代表ですね。

女性としては、「あの子生活、乱れてるんだ・・」ってばれてしまう感じがして恥ずかしいですね。

あごのニキビはどうしてできるのでしょうか?
口周り、あごニキビの原因まとめ


皮脂腺の多いあご

顔の中でTゾーンは皮脂腺が多いのは良く知られていますが、あごも皮脂腺の多い部分です。

あごを伸ばして鏡でよく見ると、毛穴に白い角栓が溜まっているのが見えると思います。
あごはその構造からわかるように、皮膚のシワが寄っていて、皮脂や汚れが溜まりやすいのです。

皮脂線が多いのに、シワで隠れているので、洗顔でも洗い忘れやすく、汚れや角栓が溜まっていてもきづきません。

ですので、ちょっと体調が変化して皮脂分泌が過剰になったり、角質が厚くなったりすると、すぐに毛穴が詰まってニキビになりやすいのですが荒れたり、ニキビができやすくなります。


胃腸の影響をうけやすい口周り

口周りは胃腸の状態の影響が出やすいと言われています。
血液の流れが関係しているようです。

例えば、暴飲暴食や深夜などの不規則な食事が続いて、胃腸に負担がかかると、口の周りが荒れたり、ニキビができたりします。

また、女性に多いのが、「冷え」の影響です。

冷えは胃腸の働きを弱めるので、消化不良になります。
その結果、あごや口周りのニキビを繰り返してしまうのです。

あごや口の周りにニキビができたときは、食生活を見直して、胃腸を整えてみると良いかもしれません。


ストレスの影響を受けやすい口周り

仕事や人間関係、睡眠不足、気候の変化や毎日の生活でストレスを感じると、男性ホルモンが刺激されて、その結果皮脂分泌が過剰になることがわかっています。

男性ホルモンによる皮脂分泌は、特に髭の生える口周りに強く影響を及ぼすため、女性でも口周りやあごにニキビができやすくなります。

あごにニキビができたときは、自分の生活に無理やストレスがなかったか、振り返ってみてリラックスする時間をとると治りやすくなるかもしれません。


汚れが付きやすいあご

何か考え事で夢中になっていたり、上の空だったり・・・。その間に頬杖をついたり、手で口周りを触っていることはありませんか?

また、食事の際に、口の汚れをナフキンや紙で拭くときも、口周りに残っていたりします。

あごは良く動き、良く汚れる部分なのです。

このように、あごにはニキビが発生しやすい理由が様々にあります。
原因が一つではないので、自分に何が当てはまるか確認してみましょう。

繰り返してしまう場合は、スキンケアや薬でニキビを治すだけではなく、根本原因を解決するのが美肌への近道かもしれませんね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: ニキビの原因

Comments are closed.