> >

ニキビの原因「皮脂分泌過剰」



ニキビの原因は毛穴が詰まることが最大の原因ですが、合わせて注意したいのが皮脂分泌です。

適度な皮脂分泌は、肌を乾燥や外的刺激から守るためには欠かせません。

肌の水分と皮脂は混ざり合って、皮膚表面に天然のヴェールを作るからです。

しかし、皮脂の分泌が過剰になると、毛穴に詰まって角栓状態となり、アクネ菌を発生させる環境を作ったり、また皮脂が皮膚表面で空気に触れて酸化すると、過酸化脂質となって肌を刺激したり肌の老化の原因となります。

ニキビの原因の過剰な皮脂分泌とは、どのような状況で起こりやすいのでしょうか?
ニキビの原因「皮脂分泌過剰」

皮脂が過剰になる原因:ホルモン分泌

数百あるホルモンの中で、皮脂分泌を過剰にさせるホルモンがあります。
まず、思春期に多く分泌される成長ホルモン。

この成長ホルモンのために10代はニキビができやすくなります。
分泌が治まる18才頃には、自然とニキビができなくなります。

また、女性は生理前になるとニキビができやすくなりますが、その原因が女性ホルモンのプロゲステロンというホルモンが原因です。

プロゲステロンは排卵から生理が始まる間に多く分泌され、受精後の妊娠を維持するために必要なホルモンです。

ですので、受精が成立せずに、生理が始まる場合は、分泌が治まりますが、妊娠が成立した場合は分泌し続けるので、妊娠中もニキビができやすい状態が続きます。

男性ホルモンもまた、皮脂腺を刺激して分泌を盛んにするホルモンです。

男性ホルモンは、ストレスを感じたときに分泌されることがわかっており、女性でも仕事や人間関係のストレスで男性ホルモンが分泌されて、ニキビができる原因となります。

成長ホルモンや女性ホルモンの分泌はコントロールすることができませんが、ストレスによる男性ホルモンの分泌は、ストレスの環境を改善することで、発生を抑えることができそうですね。


皮脂が過剰になる原因:肌の乾燥

冒頭で、皮脂と水分が混ざって天然のヴェールを作って肌を守ることをお話しましたが、肌の水分が少なく、乾燥している状態だと、皮脂の分泌を促して肌を守ろうとする働きが強まります。

このため、乾燥肌の人ほど肌がべたつきやすいというインナードライの肌状況になります。
皮脂を取り除こうとすると、余計に皮脂分泌が高まりますので、保湿成分を補給して肌を十分にうるおすことで、皮脂分泌を抑制できます。


皮脂が過剰になる原因:油分の多い食事

焼肉を食べたあとは、肌全体や頭皮までがべたついてきます。
脂っこい食事を取り過ると、皮脂分泌も過剰になります。

また、野菜が不足して偏った食事になり、ビタミンミネラルのバランスが悪いときも、皮脂分泌が高まります。

食生活はニキビの生成に直結しているので、気を付けたいですね。

皮脂分泌を抑えたり、脂質の代謝に働きかけるビタミンB群を意識し摂るとニキビに効果があります。

また、できるだけ和食に切り替えるとニキビを抑制する効果が高まりますので、試してみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: ニキビの原因

Comments are closed.