> >

ニキビ用化粧水「抗炎症成分」人気TOP3



ニキビができてしまった、ニキビができやすい肌の人は、ニキビが炎症しないように「抗炎症成分」が配合された化粧水を選ぶことをおすすめします。

ニキビ用の化粧水の多くには抗炎症成分が配合されているものも多いのですが、抗炎症成分にもいろいろとあり、効果が強いと肌を乾燥させてしまうものもありますので注意しましょう。
ニキビ用化粧水「抗炎症成分」人気TOP3


抗炎症成分:グリチルリチン酸ジカリウム

グリチルリチン酸は、マメ科の植物「甘草(かんぞう)」から抽出された成分です。
グリチルリチン酸ジカリウムはグリチルリチン酸にカリウムが2個付いたものです。

グリチルリチン酸の誘導体で、グリチルリチン酸になると抗炎症作用を発揮します。
毛穴で皮脂をエサにしてアクネ菌が繁殖して炎症するのを防いだり、炎症しているニキビを沈静化する効果があります。

医薬品にも使用されており、濃度が高くなると医薬品ですが、化粧品では医薬部外品の扱いになります。


抗炎症成分:グリチルリチン酸ステアリル

こちらもグリチルリチン酸の誘導体ですが、ステアリルアルコールと結合したもので、油溶性の成分です。

油溶性なので軟膏やクリームに配合されやすい成分ですが、最近は化粧水などにも配合されるようになりました。

ジカリウムよりも優れた効果を示して、抗炎症作用のほか、抗アレルギー作用、美白成分としても使用されます。


アラントイン

アラントインはコンフリーの葉や根から抽出される成分で、消炎作用や、やけどやかぶれなどの治癒作用があります。

赤ちゃんのおむつかぶれにも使用されるほど安全性の高い成分で、かつ収れん効果もあるので、肌荒れ改善やニキビ用の化粧品に良く使用されます。


抗炎症成分の配合されたおすすめ化粧水

グリチルリチン酸ジカリウム、グリチルリチン酸ステアリル、アラントインが配合された化粧水でニキビ肌ケアにおすすめのものを紹介します。

フジフィルム ルナメアAC

グリチルリチン酸ステアリル配合 独自のナノ化技術で肌にしっかり浸透させることができる、ニキビ肌の人には話題の化粧水です。


アルビオン 薬用スキンコンディショナー

グリチルリチン酸ジカリウム配合 ハトムギも配合されて、昔から多くの肌荒れやニキビ肌に人には愛用されている化粧水です。

資生堂 Dプログラム バランスケアローション

グリチルリチン酸ジカリウム配合 大人のゆらぎ肌へ対応したシリーズのニキビ肌専用ラインです。


NOVアクネローション

アラントイン配合。皮膚科専門医と開発し、敏感肌にも優しい処方の化粧水。保湿力にも定評がありおすすめ。


FANCL アクネケアローション

アラントイン配合 ニキビ肌に総合的に働きかける成分を配合。肌に優しい処方で、使うほどにできにくい肌へ導いてくれます。



ニキビ肌は敏感な肌状態の上に、乾燥して敏感になっていることもあります。
抗炎症成分は効果が高いものの、刺激になることもありますので、肌に合うか確認しながら使いましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.