> >

肌タイプに合ったニキビ用の洗顔料で正しくケア



前回は適切な洗顔料を選ぶことの大切さについてお話させて頂きました。適切な洗顔料を選んだ後に大切になってくるのは適切な方法で洗顔することです。

せっかく自分の肌タイプに合ったニキビ用の洗顔料を見つけても、使い方を間違えてしまったら元も子もありませんよね。

ニキビができてしまったら早く治したい!と思うがあまり、洗顔を何回もしてしまう方も多いのではないでしょうか。でもニキビを治したかったら、洗顔は最高でも1日2回までにしておくようにしましょう。
ewewetrwrtw2

洗顔は1日2回まで

1日2回までというのはどの肌タイプの方でも共通する洗顔方法です。
なぜ1日2回までかというと、ニキビを悪化させない為です。

ニキビができてしまったら、触ったり、刺激を与えてしまうようなことは避けなくてはいけません。

気になるからと言って1日に何回も洗ってしまったら、その分お肌に刺激を与えてしまうことになります。ですから刺激を与えないようにすることが大切なんです。


洗顔方法

洗顔をする時には、まず何もつけずにぬるま湯だけで顔を洗い、毛穴を開かせるようにします。

次に、洗顔用の泡立てネットで洗顔料を十分に泡立てます。洗顔料が泡立ったら泡をそっと顔に載せ、優しく顔を包み込むようにくるくると“の”の字を書くように洗っていきます。

小鼻も小さい“の”の字を書くよう洗いますが、おでこと鼻筋は“T”の字を書くようにします。

洗う時は手で洗うのではなく、泡で洗うように意識すると良いでしょう。

洗顔料で洗っている時は、ついニキビの改善に良いだろうと長く洗ってしまいがちですが、洗いすぎると乾燥してしまう原因になりますし、洗顔料はやはり刺激になりますので程々にしましょう。

すすぎはしっかりと最初と同じようにぬるま湯で行うようにします。

不十分になりがちなのが、おでこやあご、こめかみの辺り。
すすぎ忘れのないように、他の箇所と合わせてしっかりとすすぐようにします。

ぬるま湯ですすいだら、仕上げに水で洗い流すようにします。

なぜ仕上げに水で流すのかというと、水の冷たさで毛穴がきゅっとひきしまるからです。
ニキビは毛穴が開いてしまっていることが原因とも言われていますので、汚れと洗顔料を十分洗い流したら、仕上げに水で毛穴をひきしめるようにしましょう。

いかがでしたか?

少し手間はかかりますが洗顔方法を変えることで、ニキビの症状が改善することもあります。

ニキビに悩んでいる方は一度洗顔方法を見直してみるというのも良いかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 洗顔方法

Comments are closed.