> >

白ニキビ(閉鎖めんほう)の原因と予防



つやつやで何にもデキモノがないお肌って憧れますよね。

そんな憧れる気持ちとは裏腹に、ひょんなことから出来てしまう“ニキビ”。

ニキビがあることによっていつものメイクも決まらなくなってしまうし、出来てしまったらテンション急降下ですよね。

ニキビにも色々な種類があって、赤ニキビ・黒ニキビ・黄色ニキビ・白ニキビがあります。その種類によって原因が違うと言われています。

白ニキビ(閉鎖めんほう)の原因と予防

白ニキビと黄色ニキビ

中でも黄色ニキビと白ニキビは色が似ているので割と間違えやすいのですが、黄色ニキビはアクネ菌などの原因によりかなり炎症が進んでしまった状態で、膿が溜まってしまっている状態の事を言います。

黄色ニキビの場合、中が白っぽいものの周りが赤く炎症を起こしているのが特徴です。

一方、白ニキビの場合はニキビ部分がお肌の色に近く、アクネ菌などの菌が原因ではなく、炎症を起こしていないのが特徴です。

白ニキビは、古い角質や皮脂が排出されずに毛穴が大きくなってしまい、皮膚がその角質や皮脂によってふくらんでいる状態を言います。


白ニキビ(閉鎖めんほう)の原因

白ニキビは毛穴がふさがってしまっている状態のことから、“閉鎖めんほう”とも呼ばれています。

白ニキビの原因は古い角質や皮脂が溜まってしまっている以外にも、ファンデーションなどのメイクが落とし切れていなかったり、洗顔料やシャンプー・コンディショナーのすすぎ残しなどでも出来てしまうと言われています。

合わない化粧水や乳液、クリームが原因になっている事もあります。

他にもお肌の乾燥、栄養状態があまり良くなかったり、不規則な生活をしていることによって皮脂が過剰に出てしまい、それによって毛穴がふさがり白ニキビが出来てしまう事もありますし、なんと、ちりやほこりも白ニキビの原因になっているのだそう。

ちりやほこりもニキビの原因になるなんてちょっと驚きですよね!

それから生理前にニキビができやすいという女性も多いですが、それも生理前にホルモンバランスの変化によって皮脂が過剰に出てしまっているという事も原因の一つなのだそうです。

白ニキビを防ぐ

白ニキビを防ぐ場合はとにかくお肌の古い角質をケアすることと皮脂バランスを整えることが重要です。

白ニキビは古い角質や皮脂が溜まってしまっている状態なので、病院によっては、白ニキビを潰して古い角質や皮脂を出して治療する所もありますが、基本的には“ニキビは潰しちゃダメ”です。

素人の我々がお医者さんと同じように潰して出すといった事は止めておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 白ニキビ

Comments are closed.