> >

赤ニキビの原因や注意点とケア方法



ニキビは炎症や化膿の進行度合いによって、白ニキビ→黒ニキビ→赤ニキビ→黄色ニキビと呼ばれます。

どれもできたら嫌なニキビなのですが、今回はタチの悪い赤ニキビについて詳しくご紹介します。

赤ニキビの原因や注意点とケア方法

赤ニキビの原因

ニキビは毛穴が塞がれて皮脂が毛穴に溜まってしまった際、毛穴の中のアクネ菌が増殖することからすべてが始まります。

アクネ菌はニキビがなくても毛穴に常に存在する常在菌(じょうざいきん)ですが、毛穴の出口が塞がれて、空気と触れなくなった場合にどんどん増殖をはじめます。

アクネ菌が増殖すると、毛穴の周りの細胞を攻撃して炎症させはじめます。免疫反応で白血球がアクネ菌と戦っている炎症状態が赤ニキビです。

ニキビの原因は毛穴のつまりとアクネ菌の増殖ですが、人によって、白ニキビになりやすい人、赤ニキビになりやすい肌の人がいます。

赤ニキビになりやすい肌質の人は、角質が厚く、毛穴の奥で炎症を起こす肌をもち、免疫反応が過敏で炎症を起こしやすい人です。

免疫が弱いと炎症が続いて、赤ニキビが長引きやすくなります。

蚊に刺されて、治りやすい人と、長引いて傷跡になってしまう人がいるのと同じ理論です。
赤ニキビになりやすい肌の人は体質も原因なので、できるだけ未然にニキビを予防するように注意してください。


赤ニキビで注意すること

赤ニキビは炎症がひどくなると、赤みを帯びるだけでなく、周囲の皮膚が盛り上がって腫れてきます。

この状態はニキビの範疇を超えて、キズの状態とも言えます。

赤ニキビで注意したいのが、炎症は早めに抑えないと、ニキビが治っても皮膚の赤味が残ったり、黒く色素沈着する「ニキビ跡」になってしまうことです。

また、皮膚の盛り上がりや、皮膚の損傷による陥没など、いわゆる凹凸がニキビ跡になってしまう場合もあります。

ニキビ跡になってしまうとホームケアにも限界があり、美容外科の治療が必要になります。


赤ニキビのケア

赤ニキビができてしまった際、その炎症が1~2日で治まる場合は、市販薬での治療が可能な範囲といえます。

市販薬ではニキビ用の軟膏で抗炎症効果や抗生物質の配合された軟膏を選びましょう。

しかし、炎症が4~5日以上長引く場合や広範囲にわたる場合は、免疫系にも問題がある場合があり、市販のニキビ薬を使用しても効果がなく炎症を長引かせるだけの場合もあります。

このような場合は皮膚科を受診して、内服薬を処方してもらい体の中からも治療をしましょう。

赤ニキビは体質的にも繰り返したり、長引いたり、ニキビ跡になり悩む方が多いです。

自分のニキビの傾向を把握することで、ニキビの悪化やニキビ跡になるのを防ぎましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.