> >

黄色ニキビのメカニズムとケア方法



ニキビは進行状況によって白ニキビ、赤ニキビなどと色で表しますが、その中で一番進行している状況で厄介なのが黄色ニキビです。

ニキビができても黄色ニキビには進行させないようにしたいものですが、思春期ニキビの人も大人ニキビになっても、ポツンとあらわれてしまい、だれでも経験するものです。

厄介な黄色ニキビ、できてしまったらどのように対処すればよいのでしょうか?

黄色ニキビのメカニズムとケア方法

黄色ニキビのメカニズム

黄色ニキビは、毛穴の中で皮脂をエサとしてアクネ菌が繁殖した結果、炎症を起こして赤ニキビとなり、アクネ菌や白血球が戦った死骸が膿となって溜まっている状況です。

膿が黄色く見えることから「黄色ニキビ」と呼びます。

炎症が治まっている状態ですが、炎症の際に毛穴の周囲の細胞を傷つけてしまっているので、膿が毛穴周囲の細胞も損傷させた範囲いっぱいに溜まっています。

膿は時間とともに皮膚に吸収されていってなくなるか、破裂して排出されます。

膿が排出されたあとは、細胞が損傷されて陥没しているケースがあり、これがクレーター状(凹状)のニキビ跡となるため、注意が必要です。


黄色ニキビはつぶしていいの?

盛り上がって膿が見えているニキビはついつい手で触ってしまいますよね。

潰したくなってしまいますが、手は雑菌をもっており、特に爪の間にはいろいろな汚れがたまっておりとても汚い状態です。

潰すリスクもありますが、手や爪の雑菌がまたニキビに入り込んで、さらに炎症や化膿が進行してしまう恐れがあります。

また、黄色ニキビができている膿をもったニキビの周囲の肌はとても敏感で血液も集まっているため、少しの刺激で出血してしまう可能性があります。

出血してしまうと、傷痕が深くなり、回復にますます時間を要します。

黄色ニキビになってしまっても決して潰さないように、毎日のスキンケアも丁寧にして注意しましょう。


黄色ニキビのケア

黄色ニキビになってしまったら、スキンケアではケアできない状態です。

化膿の進行をストップする、抗生物質の配合されている軟膏やクリームを使用して、穏やかに膿を排出するケアをしましょう。

市販薬では「テラコートリル」という、化膿したニキビに効果的な軟膏が手軽に手に入れられます。

ステロイドが配合されているので、しばらく使用してもおさまらない時や、黄色ニキビの範囲が広い場合は、体の中に原因があることが考えられますので、皮膚科医を受診することをおすすめします。

ニキビ跡になってしまうと、その後のケアに時間もお金もかかりますし、精神的にもストレスです。

今やニキビは皮膚病という概念です。
悩まずに、専門医のアドバイスを受けましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.