> >

ニキビ治療薬「ディフェリンゲル」



ニキビは長い間、病気という認識ではなく治療薬がありませんでした。
attractive asian doctor teaching on white background
そのため、ニキビの治し方に関しては民間療法的なことが多く行われ、薬を使用して治すという認識が人々にありませんでした。

しかし、2008年に保険適用のニキビ治療薬のディフェリンゲルが厚生労働省に認可され、「ニキビを薬で治す」時代がやってきたのです。

ディフェリンゲルはもともとアメリカで認可された薬です。

日本はディフェリンゲル0.1%のみの認可ですが、アメリカにはディフェリンゲル0.3%もあります。

このころから「ニキビは皮膚の病気です」というCMが流れるようになり、ニキビは皮膚科を受診して治すことが広がりました。


ディフェリンゲルの効果

ディフェリンゲルはアダパレンというレチノイドから誘導された物質のことです。
角質の肥厚を防ぐことで、毛穴を詰まらせない効果があり、その効果でニキビをできにくくします。

ピーリングと似ている効果です。

ディフェリンゲル0.1%は効果が緩やかなので早く効果を出したい人には物足りなく感じるかもしれませんが、

角質に働きかけるため時間もかかります。
しかし、確実に毛穴を詰まらせなくする効果があります。


ディフェリンゲルの副作用

ディフェリンゲルは角質を肥厚させないという作用ですが、厳密にいうと角質を作りにくくする作用も言えます。

そのため、角質が薄くなってしまうので、ピーリングと同じようにバリア機能が低くなって、ピリピリした感じや赤み、乾燥、かゆみ、敏感肌のような状況を副作用として伴います。

ディフェリンゲルの効果が表れている証拠ともいえるのですが、上記のような症状が出ると心配してしまい使用を中断する人も多いそうです。

ニキビを治療することが目的なので、このような副作用がしばらくあることを理解して使用しましょう。

この症状を過ぎるとニキビが治ってきます。


ディフェリンゲルの使用にあたって

ディフェリンゲルは一日一回、夜に使用するジェルです。

ニキビ治療薬レベルと思って、適当な使用になってしまったり、1日2回以上塗布したりと間違った使用をしないようにしましょう。

上記のように副作用がありますが、約1か月はこの副作用を我慢する必要があります。

皮膚科を受診した際には、きちんと医師や薬剤師から説明を受け、使用し、定期的に受診してください。

ニキビを薬で治すことを簡単に考えている人は「1か月も?」と思うかもしれません。

きちんと治すこと、ニキビ跡を残さないように治療することを考えると、必要な時間と考えましょう。

唯一認可されたニキビ治療薬です。

ウワサに惑わされず、きちんと使ってきちんと治しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.