> >

ニキビ肌のための正しいクレンジング方法



ニキビ肌のための正しいレンジング法です。メイクはニキビ肌に刺激を与えてしまうので良くないんじゃないか?と心配しつつも、すっぴんで外出するわけにはいきません。

ニキビ肌にメイクをしない方が良いのは確かですが、仕方なくメイクをした場合には正しいクレンジングが大切です。
ニキビ肌のための正しいクレンジング方法

正しいクレンジングの選び方

まずは、洗顔と同様に、正しいクレンジングの選び方が大切です。

クレンジングも色々と種類がありますが、絶対に避けるべきなのはオイルクレンジングとシートタイプのクレンジング。
ニキビ肌は皮脂分泌が多い状態になっているので、そこにオイルクレンジングを乗せてしまうと、オイルクレンジングの油分がニキビの栄養分となってしまい、ニキビを悪化させてしまう危険性があるんです。

しかも、オイルクレンジングはサラサラとしたテクスチャーなので、メイクを落とす際につい肌を擦ってしまいがち。

肌を擦る刺激で、ニキビが更に悪化したり、角質層が厚くなって毛穴詰まりが起こりニキビが発生したりしてしまいます。

シートタイプのクレンジングも、手軽で便利ではありますが、肌を擦る刺激でニキビを悪化・発生させてしまうので、デリケートな状態のニキビ肌にはおすすめできません。
ニキビ肌におすすめなのは、ミルクタイプのクレンジング。

こってりとしたテクスチャーがクレンジングによる肌摩擦から肌を守ってくれて刺激が少なく、優しくメイクを落としてくれるのが特徴です。しかも、肌の水分量、潤いをキープしたままクレンジング出来るので、肌の乾燥からニキビが発生というリルクも軽減できますよ。

正しいクレンジング法

正しいクレンジング剤が選べたら、こんどは正しいクレンジング法をマスターしましょう。
まずはしっかりと手を洗い清潔な状態にしておきましょう。

ミルククレンジングを手の取ったら、皮脂分泌の多いパーツから洗って行きます。

まずはおでこと鼻のTゾーン、そして頬や顎のUz−ン、最後に皮膚が薄くて敏感な目元、口元です。

ゴシゴシ洗うのではなく、ミルクとメイクを馴染ませるような感覚で優しくマッサージしてあげます。メイクが十分に馴染んだら、水もしくはぬるま湯でしっかりすすぎましょう。

髪の毛の生え際や顎など洗い残しのないように注意して、しっかりと丁寧にすすぎます。
洗顔が終わったら、タオルでゴシゴシと擦って拭くのではなく、肌への刺激を極力少なくすべく、優しくポンポンと水分だけをタオルで吸い込むような感覚で肌を拭いてあげましょう。 ニキビ肌の正しいクレンジング法は、正しいクレンジング剤選びがポイントです!

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.