> >

ニキビ肌のための朝、昼、夕の食事法



ニキビの原因の一つには、食生活の乱れがあります。

甘いものを食べ過ぎたり、脂っこいものを食べ過ぎたり、野菜を全く食べずに外食ばかりの食生活をしていたら、ニキビが出来てしまうのも当然。ニキビ肌のためには、野菜中心の規則正しい食生活を送ることが大切です。

では、具体的にはニキビ肌のための食生活というのはどのようなものが良いのでしょうか。ニキビ肌のための理想の食事法をご紹介します。
ニキビ肌のための朝、昼、夕の食事法


朝食

ニキビ肌を改善するには、自分でコントロールしやすい朝食から着手するのが一番効果的です。仕事の付き合いで夜の外食は避けられないとしても、朝食であればそうした事情とも無縁なはず。
まずは、ニキビ改善に良いとされるビタミンが豊富な野菜やフルーツを積極的に摂るようにしましょう。

グリーンスムージーを毎朝飲むのもニキビ肌には効果があります。朝どうしても忙しくて、という人は気軽に栄養と食物繊維が撮れるグラノーラに腸内環境を整えるヨーグルトを混ぜて頂くのもおすすめです。

昼食

お昼は外食だったり出来合いのお弁当で済ますという人も多いかと思います。

忙しかったり付き合いだったりで、外食や出来合いのお弁当というのも仕方ありませんが、そういう時はメニューの選び方でニキビ肌に良いとされるものを選ぶようにしましょう。

例えば、外食の場合は、ご飯を栄養価の高い玄米を選ぶとか、唐揚げ定食を食べたいところをぐっと我慢して根野菜が豊富な和定食を選ぶようにしたり、出来るだけ野菜をたっぷり摂れるメニューを選びましょう。

また、出来合いのお弁当の場合は、肌に悪影響を及ぼす添加物の影響を減らすために、出来るだけローフードのお寿司やサラダ、おそばやうどんなどを選ぶようにしましょう。

夕食

ニキビ肌のためには夕食も出来るだけ自炊でバランスの良い食事を摂るのが理想的です。

しかし、お付き合いで外食をしないといけないという人も多いので、そうした場合は出来るだけニキビ肌に良いメニューを選び、ニキビ肌に良くないメニューは選ばないようにして、肌を守るようにしましょう。
具体的には、脂っこいもの、極端に辛い食べ物、甘い食べ物などは避けて、豆腐やえだ豆、筑前意、野菜サラダ、スープ、鍋物など、野菜中心のメニューを選ぶのがおすすめ。

外食すること自体は自分で選べないかもしれませんが、飲みの席で何を食べるかはある程度選べるので、そうやって自衛することが大切です。 ニキビ肌を改善するには、自分でコントロール出来る範囲で野菜中心にバランスの良い食事を心がけることが大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 食べ物・栄養素

Comments are closed.