> >

ニキビを治すためには原因を探りそこを改善する



ニキビの原因はたくさんあります。肌質、ストレス、食べ物、不規則な生活、睡眠不足、化粧品が肌に合っていない、汗、などこの他にもたくさんの原因があります。

ニキビを治すためには、その原因を探りそこを改善していくことが大切です。ニキビの原因を改善しない限り、どんなにお金をかけて治療をしてもニキビがなくなることはないでしょう。
ニキビを治すためには原因を探りそこを改善する

ひとり暮らしを始め自由になった人

例えば、高校を卒業してひとり暮らしを始め、自由になった人。

うるさく言う親もいないので友達と朝方まで遊び、気づけば朝と夜が逆転していた。

今まではお母さんの手作り料理を食べていたけれど、外食やコンビニ食ばかり。

今までニキビに悩んだことなんてなかったのに、いつのまにかニキビ肌に…というパターンは少なくありません。

こういった場合、生活パターンを改善すればニキビは割とすぐになくなっていきます。

生活パターンを変えるのは簡単ではないでしょうが、そこを変えない限り何をしてもニキビはなくなりません。

夜中や朝方まで遊んでいると、その間ずっとお化粧をしているので肌にとってはとても負担です。

普通、眠っている間に成長ホルモンがでて、ニキビや傷を治してくれるのですが、ろくに睡眠もとれていないので、ニキビが治ることもありません。

また、外食やコンビニ食には身体や肌に良くない添加物がたくさん入っていますが、大切な栄養はあまり摂れません。

お母さんの作る料理には添加物なんてはいっていませんよね。

できるだけ自炊をするようにしましょう。

友達と遊んだり、外食したりすることが絶対にダメなのではありません。毎日そうならないよう、気を付けるようにするだけで肌はずいぶん変わり、ニキビは治っていくでしょう。


ストレスがニキビの原因になっている人も

ストレスがニキビの原因になっている人も大勢います。

仕事でのストレス、職場や学校での人間関係のストレス、恋愛がうまくいかないストレス、いろんなストレスがありますよね。自分の力だけではどうすることもできないこともあるので、根本的なストレスの原因を改善するのはなかなか簡単ではないと思います。

しかし、ストレス解消の方法は意外とたくさんあります。

仲のいい友達とおしゃべりする。
愚痴を聞いてもらう。
たくさん笑う。
彼氏に抱きしめてもらう。
おいしいものを食べに行く。
旅行をする。マッサージに行く。
ゆっくりとお風呂に入る。
スポーツをする。
美容室に行く。
ショッピングをする。

などなど。

自分がしてみて心地いいと思うことを、ストレス解消!と意識して行うと、心もからだもすっきりします。

そうするとストレスの原因は改善されていなくても、ストレスがたまることはないのでニキビができにくくなりますよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.