> >

ニキビ跡は3種類に分けられます



やっと嫌なニキビが治ってきた!と思ったら今度は気になるのがニキビ跡…ニキビがある時にはあまり気にならないものですが、実はかなりの存在感を持っています。ニキビ跡は3種類に分けられます。
ニキビ跡は3種類に分けられます


赤みが残っているタイプ

まずはニキビ部分に赤みが残っているタイプ。ニキビが炎症してしまった後、赤みだけがなかなか消えなくなることがあります。

ニキビのふくらみはなくなったのに赤いままなので、ニキビが治ったように見えないのが厄介です。

個人差はありますが通常2~3年ほどかけて徐々に赤みは引いていきます。
5年ほどかかる場合もあるようです。

こうならないためには、ニキビがある時から常にビタミンC誘導体やプラセンタ原液などの美容液を使用するようにしましょう。

できれば少し高価なものの方が、高い効果を期待できます。質のいいものならどちらも、少量をニキビ部分にだけちょんちょんとつけるだけで赤みを残さないようにしてくれるので、コストパフォーマンスはそんなに悪くないと思います。

もし赤みのニキビ跡が残ってしまったら、エステや皮膚科などでイオン導入をしてもらうとよいでしょう。

何もしないより数段早く赤みは消えていきます。家では美容液を使用し続けてくださいね。

シミになってしまうタイプ

次にシミになってしまうタイプです。
赤ニキビ部分が色素沈着を起こし、茶色くなってしまいます。

これは炎症性色素沈着と呼ばれています。

これも消えるまでに2~3年かかると言われていますが、日焼けをしてしまうと消えなくなってしまうので注意してください。

ニキビやニキビ跡があってもなくても、日焼けはしないように気を付けてほしいものですが、シミタイプのニキビ跡が気になっているのなら絶対に気を付けましょう。

日焼けは家の中にいても安心できません。紫外線は窓やカーテンを通過してしまうものですし、ちょっと洗濯物を干すだけだから、と日焼け対策もせずベランダに出てしまうと、日々の積み重ねで、シミは消えなくなってしまいます。

先ほどのビタミンC誘導体やプラセンタ原液に加えて、基礎化粧品も美白のものを使うようにしましょう。皮膚科でケミカルピーリングやシミ用のレーザー処置をするのもお勧めです。


陥没が残るタイプ

最後は陥没が残るタイプです。
一般的にクレーターと呼ばれる、肌がぼこぼことした状態になることです。

こうなってしまったら、完全に平らな皮膚に戻すことはできません。ニキビが炎症して膿んでしまい、それが毛穴からあふれ出て肌の深部の組織を破壊してしまいます。

炎症が大きければ大きいほど、皮膚を再生することが困難になり、毛穴の周りの組織が溶かされてくりぬいたように陥没してしまいます。

また肌がニキビの炎症を自分で修復しようとしたけれど、正常に修復することができずに組織が過剰に増殖してしまうと、おおきなしこりが残ってしまいます。

皮膚科でレーザー処置やハードピーリングやケミカルピーリングをすると、少しは改善されるので、相談してみると良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: ニキビ跡

Comments are closed.